SCORE CARDBACK NUMBER

再来日の覚悟が見えたオーティズの箸使い。
~出戻り外国人選手の貢献度~ 

text by

永谷脩

永谷脩Osamu Nagatani

PROFILE

posted2009/05/29 06:00

 開幕早々、ソフトバンクは王貞治球団会長を中心に編成会議を開いていた。今季、三番打者として期待されていた三塁手の松田宣浩が、オリックスとの開幕戦で右手中指を骨折。全治2カ月と診断され、チーム編成を再考することを余儀なくされたためである。

「戦力が整った状態で、秋山幸二監督に采配を執らせたい」と王会長は、補強ができないかと球団に提案したのだ。

 そこで三塁を守れる大砲ということで白羽の矢が立ったのが、昨年まで4年間オリックスとロッテでプレーしていたオーティズだった。「開幕ロースター漏れの選手よりも、日本球界が分かっている外国人選手のほうがいい」という王会長の進言で、メキシコリーグでプレーしていたオーティズの獲得が決まったのだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 594文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

早稲田力。覇者の方程式

Sports Graphic Number 729

早稲田力。
覇者の方程式

 

関連記事

オーティズ
松田宣浩
タフィ・ローズ
福岡ソフトバンクホークス

プロ野球の前後の記事

ページトップ