SCORE CARDBACK NUMBER

根性の男、山崎勝己が、城島健司の穴を埋める。 

text by

永谷脩

永谷脩Osamu Nagatani

PROFILE

posted2006/06/08 00:00

 5月21日のヤクルト対ソフトバンクは交流戦史上最長の5時間22分に及んだ。延長12回、試合を決めたのは山崎勝己の一打だった。'01年、ドラフト4位で入団。昨年はたった3試合しか出場していない。それがいまやソフトバンクの正捕手をうかがう存在となった。

 ソフトバンクは城島健司がマリナーズに移籍。今春のキャンプでは誰が穴を埋めるかに注目されたが、山崎の評価は、的場直樹、領健に続く3番手。王貞治監督もシーズン前は「的場は(城島がケガで欠場した)去年のプレーオフでしっかり仕事をしていたからね」と、的場のスタメンを心に決めていた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 650文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

日本代表 魂をドイツへ。Soul Survivors of Spirit

Sports Graphic Number 654・655・656

日本代表 魂をドイツへ。
Soul Survivors of Spirit

 

山崎勝己
城島健司
福岡ソフトバンクホークス

プロ野球の前後の記事

ページトップ