NumberEYESBACK NUMBER

松坂獲りに見るRソックスの長期戦略。 

text by

李啓充

李啓充Kaechoong Lee

PROFILE

posted2006/12/07 00:00

 レッドソックスが、5110万ドルという、超巨額落札金で松坂大輔との独占交渉権を獲得した。

 ここ数年、レッドソックスは、「ヤンキースのような金の使い方はできない」と、補強戦線でヤンキースに競り負ける度に財力の限界を強調、ファンにも「我慢」を強いてきた。たとえば、昨オフはFAだったジョニー・デーモン、今季途中にはボビー・アブレイユーの獲得を巡って、ヤンキースに競り負けたばかりだ。また、相手は異なるが、一昨年のオフには、FAとなったペドロ・マルティネス獲得戦でメッツに競り負けた。

 それが、今回は、メッツの3800万ドル、ヤンキースの3000万ドル(数字はニューヨーク・デイリー・ニューズ紙)をはるかに凌駕する、5110万ドルで松坂を競り落としたのだから、ファンや、MLB関係者が驚いたのも無理はない。ただ財力があることを示しただけでなく、その気になればヤンキースを上回る金の使い方さえすることを、まざまざと見せつけたのである。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 970文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

超浦和主義。 J.League Final 2006

Sports Graphic Number 667

超浦和主義。 J.League Final 2006

 

松坂大輔
ボストン・レッドソックス

プロ野球の前後の記事

ページトップ