NumberEYESBACK NUMBER

4強プラス2チーム、
J1昇格争いの行方。 

text by

猪狩真一

猪狩真一Shinichi Igari

PROFILE

photograph byMasahiro Ura

posted2009/10/07 06:00

4強プラス2チーム、J1昇格争いの行方。<Number Web> photograph by Masahiro Ura

鳥栖のハーフナー・マイクは41節を終え、24試合12得点の活躍

 J1の優勝争い、残留争いもいよいよ佳境に。ということは当然、もうひとつの長い戦いにもクライマックスが近づいている。18チーム総当たり3回戦、計51節というJ2の戦いだ。

 昨季を最後に入れ替え戦が廃止されたことで、今季は3位のチームも無条件でJ1に昇格できる。昨季3位だった仙台が磐田との入れ替え戦で涙を呑んだように、これまで2位と3位との差は非常に大きかったが、今季は実質、J2勢にとって昇格枠が増えた形の設定になった。

 その3つの椅子を巡る争いは、スタートダッシュを決めたC大阪、湘南を、仙台、甲府が追いかけ、春先には“4強”の様相に。彼らはそれぞれに苦しい時期がありながらも崩れず、熾烈なデッドヒートを繰り広げてきた。そして3枠滑り込みの可能性をわずかに残すのが、4強に食らいついてきた鳥栖と水戸。今季の終盤戦が面白いのはこの構図だ。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

ハーフナー・マイク
水戸ホーリーホック
ヴァンフォーレ甲府
サガン鳥栖
湘南ベルマーレ
セレッソ大阪
ベガルタ仙台

Jリーグの前後のコラム

ページトップ