NumberEYESBACK NUMBER

バルサの美しき雪辱に、チェルシーも完敗宣言。 

text by

横井伸幸

横井伸幸Nobuyuki Yokoi

PROFILE

posted2006/03/23 00:00

 去る12月、チェルシーとの対戦が決まった瞬間から、バルセロナのメディアやファンはこの日を心待ちにしていた。彼らにとってチェルシー戦はただのリターンマッチではなく、意趣返しであり正義の戦いなのだ。昨年はライカールト、今年はメッシを侮辱した世紀の悪党モウリーニョをやっつけ、バルサの攻撃的で楽しいサッカーがチェルシーの守備的で退屈なサッカーより優れていることを思い知らせてやらねば──。

 しかし、チームにとってはこの試合、あくまで今季の目標・欧州制覇への道である。だから選手やコーチらは盛り上がるメディアに対し、欧州最強の一角チェルシーとは遅かれ早かれ当たるんだ、復讐の念などない、と何度も繰り返していた。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

フランク・ライカールト
ジョゼ・モウリーニョ
バルセロナ
チェルシー

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ