#1033
巻頭特集

記事を
ブックマークする

[越えられなかった壁]サッカー男子「号泣の先へ」

2021/08/13
メキシコとの3位決定戦直後、ピッチ上で号泣する久保。20歳の天才には、パリ五輪でのリベンジが期待される
1968年メキシコ五輪以来となる、メダル獲得を――。久保建英や堂安律ら若き才能と、吉田麻也らの経験が融合し、日本サッカー界の悲願達成へ、あと一歩まで迫ったチームの開幕前の苦難から、3位決定戦で流した涙の結末までを追う。

 ピッチにへたり込んだ久保建英が泣きじゃくっている。

 仲の良い橋岡大樹に慰められても、メキシコの選手がかわるがわる励ましにきても、溢れ出る涙は一向に止まらない。「涙も出ない」と語ったスペインとの準決勝後と、あまりに対照的な姿だった。

 そして、思い出したのは大会中に久保から聞いたこんな言葉だ。

「負けたくないっていう気持ちが強くて。こんないいチームはないし、環境にも恵まれて。ここを逃したら次はないと思う。悔いの残らない試合をしたいと思います」

 メキシコとの3位決定戦後のピッチで20歳の若者に去来したのは、果たしてどんな思いだっただろうか。目標を成し遂げられなかった悔しさか、チームを勝利へと導けなかった不甲斐なさか、大好きだった仲間との戦いが終わってしまう寂しさか……。

 そのすべてだったかもしれないし、本人でさえ分からないのかもしれない。

 確かなのは、日本代表の戦いが、見る者の心を揺さぶったことだ。予期せぬアクシデントをチーム全体でカバーしながら、試合を重ねるごとに逞しくなり、過密日程の中で心身ともにボロボロになりながら、最後まで戦い抜いた。それだけに……。

 このチームにはもっと相応しいエンディングがあったのではないか、という思いを抱かずにはいられない。

 日本チームに最初の歓喜をもたらしたのは、久保だった。

 7月22日に行われた南アフリカ戦。国際大会特有の固さと緊張が支配するなか、5バックを敷く相手を攻め崩せずにいた71分、久保が右サイドからドリブルで中央へと切れ込み、左足で決勝ゴールをねじ込んだ。

会員になると続きをお読みいただけます。
オリジナル動画も見放題、
会員サービスの詳細はこちら
特製トートバッグ付き!

「雑誌プラン」にご加入いただくと、全員にNumber特製トートバッグをプレゼント。
※送付はお申し込み翌月の中旬を予定しています

photograph by AFLO

0

0

0

前記事 次記事