著者プロフィール 

高山通史Michifumi Takayama

1975年、新潟県生まれ。新潟明訓高校3年時の1993年夏の甲子園に出場。1回戦の松江第一高校(島根、現・開星高校)戦で新潟県勢4号本塁打をマーク。小学校時代から練習試合も通じて野球人生唯一のスタンドインのアーチを放ち、選手として終止符を打った。獨協大学を卒業後、日刊スポーツ長野支局、新潟支局を経て2002年に北海道日刊スポーツ新聞社入社。2003年から北海道日本ハムファイターズの担当記者を約14年間、務める。2016年の10年ぶり日本一取材を区切りに退社。2017年に北海道日本ハムファイターズへ入団して広報部に配属された。

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • blog
敵地でいじられ、死球でもなごむ。日本ハム杉谷拳士が愛される理由。

ファイターズ広報、記す。

敵地でいじられ、死球でもなごむ。
日本ハム杉谷拳士が愛される理由。

緑の芝生へと水しぶきを上げながら、そして立て続けにホームベース上のブルーシートへとヘッドスライディングを連発して、飛び込… 続きを読む

高山通史Michifumi Takayama

プロ野球

2019/09/18

ある会食で渡された一枚の戦闘服。日本ハムの頂点には栗山監督がいる。

ファイターズ広報、記す。

ある会食で渡された一枚の戦闘服。
日本ハムの頂点には栗山監督がいる。

闇は光の母——。日本が誇る巨匠、詩人の谷川俊太郎さんの詩のタイトルである。読み解くと大意が、奥深い。広報の立場ではあるが… 続きを読む

高山通史Michifumi Takayama

プロ野球

2019/09/03

日本ハムが3年連続“三つ星”評価。同志に寄り添う「客セン」の対応術。

ファイターズ広報、記す。

日本ハムが3年連続“三つ星”評価。
同志に寄り添う「客セン」の対応術。

耳を傾け、思いに寄り添う。文言には心を重ね合わせ、真意を読み解く。 心身を酷使する業務、球団の最前線を担う「最強チーム」… 続きを読む

高山通史Michifumi Takayama

プロ野球

2019/08/19

日本ハム選手、札幌ドームの聖域。ロッカールームはどうなっている?

ファイターズ広報、記す。

日本ハム選手、札幌ドームの聖域。
ロッカールームはどうなっている?

クロスワードパズルのように「33」のマスを、思いを乗せて埋め込んでいく。そこから生まれるチームの和を想像し、空間を描いてい… 続きを読む

高山通史Michifumi Takayama

プロ野球

2019/08/06

西川遥輝や中田翔、大田泰示も!舞台裏で見せる子供への優しさ。

ファイターズ広報、記す。

西川遥輝や中田翔、大田泰示も!
舞台裏で見せる子供への優しさ。

無邪気すぎる構図、タッチが、力強く胸を打つ。心に響き、染み渡る。色鉛筆や絵筆に込めたほんのりとした温かさは、選手を突き動… 続きを読む

高山通史Michifumi Takayama

プロ野球

2019/07/23

日本ハム、ドラフト戦略の進め方。吉田輝星を担当したスカウトの場合。

ファイターズ広報、記す。

日本ハム、ドラフト戦略の進め方。
吉田輝星を担当したスカウトの場合。

7月2日、札幌ドームでの埼玉西武ライオンズ戦。北海道日本ハムファイターズの未来へと向かう基盤を構築する、1人のキーマンと久… 続きを読む

高山通史Michifumi Takayama

プロ野球

2019/07/09

プロ野球広報のある1日。勝っても負けても、静かで平穏が最良の仕事。

ファイターズ広報、記す。

プロ野球広報のある1日。勝っても
負けても、静かで平穏が最良の仕事。

プロ野球界と距離がある方々から、よく問われる。 「シーズン中、広報って何をしているのですか?」と。 世間一般には、なじみが… 続きを読む

高山通史Michifumi Takayama

プロ野球

2019/06/26

サヨナラ負けの33分後、甲子園から北海道へ。日本ハム裏方の仕事ぶり。

ファイターズ広報、記す。

サヨナラ負けの33分後、甲子園から
北海道へ。日本ハム裏方の仕事ぶり。

プロとしての仕事を、また垣間見た。激闘が終わった直後だった。6月9日、甲子園球場での阪神タイガース戦。9回サヨナラ負けで、… 続きを読む

高山通史Michifumi Takayama

プロ野球

2019/06/10

日ハム玉井大翔の逆転人生に見る、リリーバーたちの人間ドラマ。

ファイターズ広報、記す。

日ハム玉井大翔の逆転人生に見る、
リリーバーたちの人間ドラマ。

野球に限らず、スポーツの妙味の1つは逆転である。逆転勝ちの試合は、勝者となるチーム、その選手のファンにとっては痛快そのも… 続きを読む

高山通史Michifumi Takayama

プロ野球

2019/05/27

試合前後に選手たちはどう過ごすか。「お一人様」が増えた日本ハムの強さ。

ファイターズ広報、記す。

試合前後に選手たちはどう過ごすか。
「お一人様」が増えた日本ハムの強さ。

リアルな実像は、バックヤードにある。俳優などエンターテイナーは、それが色濃くパフォーマンスに反映され、演技などの深部や細… 続きを読む

高山通史Michifumi Takayama

プロ野球

2019/05/13

栗山監督に手渡した1枚の記事。日本ハム元オーナーが残したもの。

ファイターズ広報、記す。

栗山監督に手渡した1枚の記事。
日本ハム元オーナーが残したもの。

3つの数字には秘めた、無数の思いがある。北海道日本ハムファイターズの起源である。大社啓二(おおこそ・ひろじ)氏――。近し… 続きを読む

高山通史Michifumi Takayama

プロ野球

2019/04/26

日本ハム広報が王柏融取材で接した、台湾メディアの情熱と温かなお礼。

ファイターズ広報、記す。

日本ハム広報が王柏融取材で接した、
台湾メディアの情熱と温かなお礼。

プロ野球の開幕に合わせて、大挙して海外メディアが北海道を訪れた。3月29日からの札幌ドームでの開幕カード、オリックスバファ… 続きを読む

高山通史Michifumi Takayama

プロ野球

2019/04/15

田中賢介、シーズン前に引退表明。功労者の花道は日本ハムの活力に。

ファイターズ広報、記す。

田中賢介、シーズン前に引退表明。
功労者の花道は日本ハムの活力に。

潔い覚悟を、垣間見た。すがすがしかった。 2019年の球春が幕を開ける直前。田中賢介選手と、少し会話する時間があった。 昨年12… 続きを読む

高山通史Michifumi Takayama

プロ野球

2019/03/29

顔が見えないSNSとの向き合い方。日本ハム・広報が抱える葛藤。

ファイターズ広報、記す。

顔が見えないSNSとの向き合い方。
日本ハム・広報が抱える葛藤。

面と向き合うことが難しいが、確かに存在を感じている。活字などを通して、確かな息遣いも感じている。ただ、対象となる「相手」… 続きを読む

高山通史Michifumi Takayama

プロ野球

2019/03/16

外国人選手の成否握るキーマン、プロ野球の「通訳」という仕事。

ファイターズ広報、記す。

外国人選手の成否握るキーマン、
プロ野球の「通訳」という仕事。

人のために尽くして、尽くして、尽くし切る。それが天命になる。すべてを捧げて1シーズン、黒子として伴走する。 続きを読む

高山通史Michifumi Takayama

プロ野球

2019/03/04

栗山監督が考える優勝の条件と、日本ハム苦節のドラ1右腕の再起。

ファイターズ広報、記す。

栗山監督が考える優勝の条件と、
日本ハム苦節のドラ1右腕の再起。

春季キャンプが本格化した。2月14日、午前7時30分過ぎに那覇空港へ到着した。米アリゾナ州スコッツデールでのキャンプを打ち上げ… 続きを読む

高山通史Michifumi Takayama

プロ野球

2019/02/19

12球団唯一、海外でキャンプイン。日本ハムがアリゾナに行く理由とは。

ファイターズ広報、記す。

12球団唯一、海外でキャンプイン。
日本ハムがアリゾナに行く理由とは。

空気やムードが一気に変わる。2019年の野球が始まる。私は今、米国アリゾナ州スコッツデールにいる。2月1日に12球団で一斉にスタ… 続きを読む

高山通史Michifumi Takayama

プロ野球

2019/02/02

養豚場から届いた便り。剛球一辺倒の元ファイターズ戦士、第二の人生。

ファイターズ広報、記す。

養豚場から届いた便り。剛球一辺倒の
元ファイターズ戦士、第二の人生。

裏があれば表がある。日陰があれば日向がある。その道理は、プロ野球界も同じである。1月。12球団のルーキーたちが新人合同自主… 続きを読む

高山通史Michifumi Takayama

プロ野球

2019/01/21

ファイターズが王柏融に宛てた、107ページもの「ラブレター」。

ファイターズ広報、記す。

ファイターズが王柏融に宛てた、
107ページもの「ラブレター」。

全力で思いを届け、届いた気がする。片思いは、両思いになったのだと確信する。迫力満点の異名とは似つかわしくない横顔を、のぞ… 続きを読む

高山通史Michifumi Takayama

プロ野球

2019/01/04

出会いと別れのストーブリーグ。球団広報が見た去り際の美学。

ファイターズ広報、記す。

出会いと別れのストーブリーグ。
球団広報が見た去り際の美学。

野球界は今、オフである。12月も下旬に突入した。ストーブリーグと表現する時節が、佳境を迎えつつある。 続きを読む

高山通史Michifumi Takayama

プロ野球

2018/12/23

ページトップ