著者プロフィール 

カナ一覧
組織別
カタカナ検索  

田丸昇Noboru Tamaru

1950年5月5日、長野県北御牧村(現・東御市)に生まれる。1965年、佐瀬勇次名誉九段の門下で奨励会(棋士養成機関)に6級で入会。1972年、四段に昇段して棋士になる。1979年、六段に昇段。1989年から1995年まで日本将棋連盟の理事に在任し、主に出版部門を担当。1991年、八段に昇段。1992年、順位戦でトップのA級に昇級。2001年から2003年まで『将棋世界』編集長に在任。2013年、九段に昇段。2016年、現役棋士を引退。著書は『熱血の棋士 山田道美伝』(日本将棋連盟)、『伝説の序章 天才棋士 藤井聡太』(清流出版)、『名人を獲る 評伝 米長邦雄』(国書刊行会)など多数。

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • blog
「《ウヒョー》という奇声も…」加藤一二三の悲願 42歳で名人奪取、中原誠との壮絶な名勝負〈若き“ひふみん”の秘蔵写真も〉

将棋PRESS

「《ウヒョー》という奇声も…」加藤一二三の悲願 42歳で名人奪取、中原誠との壮絶な名勝負〈若き“ひふみん”の秘蔵写真も〉

中原誠名人に加藤一二三・九段が挑戦した1982年の名人戦7番勝負は、持将棋と無勝負の千日手を含めて、決着まで10局も要したとい… 続きを読む

田丸昇Noboru Tamaru

将棋

2021/08/01

《昭和・平成政治史と将棋》田中角栄に「先生」と呼ばれた棋士の名は… 村山富市は矢倉囲い、共産党・宮本顕治は将棋会館で観戦

将棋PRESS

《昭和・平成政治史と将棋》田中角栄に「先生」と呼ばれた棋士の名は… 村山富市は矢倉囲い、共産党・宮本顕治は将棋会館で観戦

今から49年前の1972年7月上旬。自民党の総裁選挙の最終投票で、田中角栄が福田赳夫を破り、田中新内閣が成立した。その田中は将… 続きを読む

田丸昇Noboru Tamaru

将棋

2021/07/11

羽生善治九段「公式戦でこんなに早く…」15歳時の藤井聡太二冠への印象と、通算タイトル99期までの“貴重な瞬間”を写真で回想

将棋PRESS

羽生善治九段「公式戦でこんなに早く…」15歳時の藤井聡太二冠への印象と、通算タイトル99期までの“貴重な瞬間”を写真で回想

タイトル獲得通算100期の大記録を目前にして3年あまり、“無冠”の時期が続く羽生善治九段。過去の節目となったタイトル戦の勝負… 続きを読む

田丸昇Noboru Tamaru

将棋

2021/06/27

記録に残る大名人・大山康晴vs記憶に残る新手一生・升田幸三… 戦争から生き残った昭和二大棋士の“意外と知らない逸話”って?

将棋PRESS

記録に残る大名人・大山康晴vs記憶に残る新手一生・升田幸三… 戦争から生き残った昭和二大棋士の“意外と知らない逸話”って?

大山康晴十五世名人と升田幸三実力制第四代名人は、昭和棋界の巨頭としてタイトル戦で幾たびも激突し、将棋史に残る名勝負を繰り… 続きを読む

田丸昇Noboru Tamaru

将棋

2021/06/13

“将棋めし”の元祖、鳥取砂丘以外でも全裸、長嶋茂雄と大の仲良し… “49歳で最年長名人獲得”の米長邦雄伝説が濃すぎる

Number Ex

“将棋めし”の元祖、鳥取砂丘以外でも全裸、長嶋茂雄と大の仲良し… “49歳で最年長名人獲得”の米長邦雄伝説が濃すぎる

米長は、対局中の食事やおやつにこだわった走りの棋士だった。新聞の観戦記や雑誌の記事から、いくつか紹介する。 続きを読む

田丸昇Noboru Tamaru

将棋

2021/05/04

「棋士に学歴は必要ない」vs「先生と同じでは、先生止まり」… 中学生の米長邦雄が師匠と対立、鉄拳を浴びた日

Number Ex

「棋士に学歴は必要ない」vs「先生と同じでは、先生止まり」… 中学生の米長邦雄が師匠と対立、鉄拳を浴びた日

師匠の佐瀬は米長を実の息子のように可愛がった。米長は佐瀬を実の父のように慕った。そんな両者のエピソードをいくつか紹介する… 続きを読む

田丸昇Noboru Tamaru

将棋

2021/05/04

ページトップ