著者プロフィール 

カナ一覧
組織別
カタカナ検索  

田丸昇Noboru Tamaru

1950年5月5日、長野県北御牧村(現・東御市)に生まれる。1965年、佐瀬勇次名誉九段の門下で奨励会(棋士養成機関)に6級で入会。1972年、四段に昇段して棋士になる。1979年、六段に昇段。1989年から1995年まで日本将棋連盟の理事に在任し、主に出版部門を担当。1991年、八段に昇段。1992年、順位戦でトップのA級に昇級。2001年から2003年まで『将棋世界』編集長に在任。2013年、九段に昇段。2016年、現役棋士を引退。著書は『熱血の棋士 山田道美伝』(日本将棋連盟)、『伝説の序章 天才棋士 藤井聡太』(清流出版)など多数。

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • blog
“将棋めし”の元祖、鳥取砂丘以外でも全裸、長嶋茂雄と大の仲良し… “49歳で最年長名人獲得”の米長邦雄伝説が濃すぎる

Number Ex

“将棋めし”の元祖、鳥取砂丘以外でも全裸、長嶋茂雄と大の仲良し… “49歳で最年長名人獲得”の米長邦雄伝説が濃すぎる

米長は、対局中の食事やおやつにこだわった走りの棋士だった。新聞の観戦記や雑誌の記事から、いくつか紹介する。 続きを読む

田丸昇Noboru Tamaru

将棋

2021/05/04

「棋士に学歴は必要ない」vs「先生と同じでは、先生止まり」… 中学生の米長邦雄が師匠と対立、鉄拳を浴びた日

Number Ex

「棋士に学歴は必要ない」vs「先生と同じでは、先生止まり」… 中学生の米長邦雄が師匠と対立、鉄拳を浴びた日

師匠の佐瀬は米長を実の息子のように可愛がった。米長は佐瀬を実の父のように慕った。そんな両者のエピソードをいくつか紹介する… 続きを読む

田丸昇Noboru Tamaru

将棋

2021/05/04

ページトップ