著者プロフィール 

カナ一覧
組織別
カタカナ検索  

日比野恭三Kyozo Hibino

1981年、宮崎県生まれ。2010年より『Number』編集部の所属となり、同誌の編集および執筆に従事。6年間の在籍を経て2016年、フリーに。野球やボクシングを中心とした各種競技、またスポーツビジネスを中心的なフィールドとして活動中。

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • blog
鈴木誠也の豪打を支えるアシックスの技術。日本を頂点へ導け!

Sports Graphic Number

鈴木誠也の豪打を支えるアシックスの技術。日本を頂点へ導け!

道具にこだわるプロ野球選手は多い。用具メーカーの担当者にミリ単位の変更をリクエストし、サンプルを受け取っては感触を確かめ… 続きを読む

日比野恭三Kyozo Hibino

PR

2021/07/28

小笠原道大×アレックス・ラミレス「監督は“オガラミ”をエンジョイしていた」~最強コンビ対談~

Sports Graphic Number Special

小笠原道大×アレックス・ラミレス「監督は“オガラミ”をエンジョイしていた」~最強コンビ対談~

2008年にはON砲を超える15度のアベック弾で大逆転優勝を呼んだ恐怖の3、4番が再会した。猛威を振るう驚異の打棒で、第2次政権を… 続きを読む

日比野恭三Kyozo Hibino

プロ野球

有料

2021/04/07

人的補償で移籍、命に関わる大病…ベイスターズ・藤岡好明が引退「超満員のスタジアムで投げて終わりたかった」

ニッポン野球音頭

人的補償で移籍、命に関わる大病…ベイスターズ・藤岡好明が引退「超満員のスタジアムで投げて終わりたかった」

11月28日、藤岡好明の引退が発表された。ホークス、ファイターズ、ベイスターズの3球団を渡り歩き、主にリリーフを務めた。サイ… 続きを読む

日比野恭三Kyozo Hibino

プロ野球

2020/12/09

24歳田中将大の“神話”が終わった日 斎藤隆がブルペンから見た楽天初優勝の舞台裏

Sports Graphic Number More

24歳田中将大の“神話”が終わった日 斎藤隆がブルペンから見た楽天初優勝の舞台裏

遠きアメリカで7シーズンを過ごした斎藤隆が、故郷の新球団に加入したのは震災2年後のこと。その年、チームとファンが一体となっ… 続きを読む

日比野恭三Kyozo Hibino

プロ野球

2020/11/19

「最後は転んでゴールすると思いますよ」激闘王・八重樫東が語っていた“引退を決断する日”

Sports Graphic Number More

「最後は転んでゴールすると思いますよ」激闘王・八重樫東が語っていた“引退を決断する日”

ボディ一発でリングマットに沈められたゲバラ戦、1ラウンド終了のゴングすら聞けなかったメリンド戦のKO負けで、八重樫の価値は… 続きを読む

日比野恭三Kyozo Hibino

ボクシング

2020/09/23

KO負けだけど最高評価 元ボクサー・三浦隆司が振り返る「2週間寝れなかった」バルガス戦

Sports Graphic Number More

KO負けだけど最高評価 元ボクサー・三浦隆司が振り返る「2週間寝れなかった」バルガス戦

「実力差が出たKO負けもあれば、たまたま、ちょっとした掛け違いでKO負けになることもある。だから、KO負けしたから弱いとは思わ… 続きを読む

日比野恭三Kyozo Hibino

ボクシング

2020/09/23

山崎康晃の帝京時代と今を結ぶもの。「ほんとに悔しい。でも絶対に……」

Number Ex

山崎康晃の帝京時代と今を結ぶもの。
「ほんとに悔しい。でも絶対に……」

スーパーな投手たちの陰で、控えに甘んじた高校時代。ようやくエースナンバーを手にした最後の夏は儚く終わった。悔しくて、あき… 続きを読む

日比野恭三Kyozo Hibino

プロ野球

2020/08/07

<反骨の源流>山崎康晃「いつも悔しさを糧にして」

Sports Graphic Number Special

<反骨の源流>
山崎康晃「いつも悔しさを糧にして」

巨大なスタンドに囲まれたグラウンドの真ん中に立つと、華奢な少年の姿はなおのこと小さく見えた。背中には「15」の白布が縫い付… 続きを読む

日比野恭三Kyozo Hibino

高校野球

有料

2020/08/07

Bリーグ川崎・篠山竜青が寄付活動。プロ選手は常にカッコよくあれ!

バスケットボールPRESS

Bリーグ川崎・篠山竜青が寄付活動。
プロ選手は常にカッコよくあれ!

「来シーズンのお給料がどうなるのか……やっぱり、少しは考えました。でも、それ以上に『プロのスポーツ選手ってカッコいいんだ… 続きを読む

日比野恭三Kyozo Hibino

Bリーグ

2020/04/25

筒香移籍後の外野争いに名乗り。DeNA関根大気は「今日を楽しむ」。

ニッポン野球音頭

筒香移籍後の外野争いに名乗り。
DeNA関根大気は「今日を楽しむ」。

ベイスターズにおいても、レギュラーを確約された選手は数少なく、ほとんどのポジションで競争の最中だ。とりわけ、レフトを守っ… 続きを読む

日比野恭三Kyozo Hibino

プロ野球

2020/02/21

DeNA戦力外から社会人の頂点へ。須田幸太が「自分の球」を諦めたとき。

ニッポン野球音頭

DeNA戦力外から社会人の頂点へ。
須田幸太が「自分の球」を諦めたとき。

「社会人は、野球の中でももっと人気が出ていいカテゴリーなんですよ。プロとは違ったおもしろさがある。とにかく一回見にきてほ… 続きを読む

日比野恭三Kyozo Hibino

プロ野球

2020/01/01

カッコいい引退はできないので……。世界戦TKO負け、八重樫東の不屈。

ボクシングPRESS

カッコいい引退はできないので……。
世界戦TKO負け、八重樫東の不屈。

「『あいつはもうダメだ』って言われたら『うるせえよ』ってなるんです。逆に『次は八重樫が絶対に勝つよ』と言われる試合ほど不… 続きを読む

日比野恭三Kyozo Hibino

ボクシング

2019/12/26

8年間でスタメンマスクは10試合。DeNA西森将司、去り際の笑顔と感謝。

ニッポン野球音頭

8年間でスタメンマスクは10試合。
DeNA西森将司、去り際の笑顔と感謝。

最も輝いていたのはいつだろう――? ひと通りの話を聞き終えてから筆者が投げた問いに、西森は明るい声色の答えを投げ返した。… 続きを読む

日比野恭三Kyozo Hibino

プロ野球

2019/12/06

<タフファイターたちの記憶>八重樫東・三浦隆司「倒された。だからこそ」

Sports Graphic Number Special

<タフファイターたちの記憶>
八重樫東・三浦隆司「倒された。だからこそ」

倒す者がいれば、倒される者もいる。KOは決して勝者だけのものではない。かつて壮絶なKO負けを喫したふたりは、そこでなにを味わ… 続きを読む

日比野恭三Kyozo Hibino

ボクシング

有料

2019/11/25

三浦隆司の人生を変えたKO負け。米年間最高試合の後に起こったこと。

Number Ex

三浦隆司の人生を変えたKO負け。
米年間最高試合の後に起こったこと。

秋田育ちの素朴な男は、バルガス戦を境に、ショウマンシップを意識し始めた。それは同時に、欲の現れでもあった。「アメリカで人… 続きを読む

日比野恭三Kyozo Hibino

ボクシング

2019/11/21

3度のKO負けから再起の八重樫東。「試合がしたくなくなったら終わり」

Number Ex

3度のKO負けから再起の八重樫東。
「試合がしたくなくなったら終わり」

「八重樫東のボクサー人生は、どうなったら終わりなんですか。『これができなくなったら終わり』というような、基準のようなもの… 続きを読む

日比野恭三Kyozo Hibino

ボクシング

2019/11/15

「3人が甲子園に集まることはない」あの夏の佐賀北OBが語ったこと。

Number Ex

「3人が甲子園に集まることはない」
あの夏の佐賀北OBが語ったこと。

高校野球好きは、年を聞いただけで優勝校をすぐ言える。2007年は、すなわち佐賀北の年だ。高校野球好きの間でもおそらくはノーマ… 続きを読む

日比野恭三Kyozo Hibino

高校野球

2019/08/09

「お前」は不適切なフレーズなのか?中日応援歌に見る選手とファンの関係。

ニッポン野球音頭

「お前」は不適切なフレーズなのか?
中日応援歌に見る選手とファンの関係。

あれはたぶん、高校2年生の初日だった。担任になった国語の先生が、教壇に立つなり開口一番、こう言った。「ぼくはたぬきだ!」… 続きを読む

日比野恭三Kyozo Hibino

プロ野球

2019/07/03

世界戦に敗れ去ったボクサーの人生。黒田雅之の前に広がる、真っ白な世界。

ボクシングPRESS

世界戦に敗れ去ったボクサーの人生。
黒田雅之の前に広がる、真っ白な世界。

5月に日本人ボクサーが登場した世界タイトルマッチ7戦の結果は、1勝6敗だったという。勝ったのは井上尚弥だけだった。負けた6人… 続きを読む

日比野恭三Kyozo Hibino

ボクシング

2019/06/04

「ポンコツのゴミ捨て場行き」だった男。ボクサー黒田雅之が世界王者に挑む夜。

ボクシングPRESS

「ポンコツのゴミ捨て場行き」だった男。
ボクサー黒田雅之が世界王者に挑む夜。

男は、いまから7年前、井上尚弥の公開プロテストでスパーリングの相手を務めた。日本ライトフライ級王者だった当時25歳は、のち… 続きを読む

日比野恭三Kyozo Hibino

ボクシング

2019/05/10

1 2 3 4 5 NEXT >>

ページトップ