著者プロフィール 

戸塚啓Kei Totsuka

1968年生まれ。'91年から'98年まで『サッカーダイジェスト』編集部に所属。'98年秋よりフリーに。2000年3月より、日本代表の国際Aマッチを199試合連続で取材中(2012年4月現在/'11年11月の北朝鮮戦は除く)。近著に『僕らはつよくなりたい~東北高校野球部、震災の中のセンバツ』(幻冬舎)、『不動の絆~ベガルタ仙台と手倉森監督の思い』(角川書店)がある。

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • blog
福岡堅樹が選んだ15人制との別れ。「残された時間」を五輪のために。

ラグビーPRESS

福岡堅樹が選んだ15人制との別れ。
「残された時間」を五輪のために。

'19年に15人制の日本代表としてラグビーW杯でプレーし、'20年は通称セブンズの7人制で五輪に出場する。'16年のリオ五輪に続いて… 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

トップリーグ

2020/01/20

J2からJ1への“個人昇格”が急増。全ポジションリストと流行の理由。

JリーグPRESS

J2からJ1への“個人昇格”が急増。
全ポジションリストと流行の理由。

2020年シーズンへ向けた国内の移籍市場では、J1のクラブに引き抜かれるJ2の選手が、例年以上に多い印象がある。ざっと30人あまり… 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

Jリーグ

2020/01/17

11万人以上が目撃したTL開幕戦。W杯がラグビー界にもたらした変化。

ラグビーPRESS

11万人以上が目撃したTL開幕戦。
W杯がラグビー界にもたらした変化。

秩父宮での東芝対サントリー戦には、W杯で形作られた応援のスタイルも持ち込まれていた。リーチマイケルがボールを持つと、観衆… 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

トップリーグ

2020/01/14

神戸の天皇杯優勝は巨大エポックだ。遂に見つけた理想と現実の合流地点。

JリーグPRESS

神戸の天皇杯優勝は巨大エポックだ。
遂に見つけた理想と現実の合流地点。

キャプテンマークを巻いたイニエスタは、「チームの成長が重要な要素だったと思いますし、これがクラブにとってひとつの分岐点に… 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

Jリーグ

2020/01/06

今度こそブームでは終わらせない。リーチ、流、姫野がTL開幕に語る事。

ラグビーPRESS

今度こそブームでは終わらせない。
リーチ、流、姫野がTL開幕に語る事。

ラグビー人気を今度こそブームで終わらせないために。自らの未来を切り開くために。'19年のW杯を盛り上げた彼らが、勝負のシーズ… 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

トップリーグ

2020/01/02

ベルマーレ、苦難の年の最後に笑う。J1残留はやっぱり湘南スタイルで。

JリーグPRESS

ベルマーレ、苦難の年の最後に笑う。
J1残留はやっぱり湘南スタイルで。

ゴール裏を中心としたコールは試合が終了してもやむことがなく、このチームで戦う誇りを選手たちに感じさせたはずだからである。… 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

Jリーグ

2019/12/16

中国に2-1、若い代表が得た勝利。五輪への経験と優勝の二兎を追え。

サッカー日本代表PRESS

中国に2-1、若い代表が得た勝利。
五輪への経験と優勝の二兎を追え。

国際Aマッチ出場は井手口陽介の13試合が最多で、一度も出場していない選手が半数以上を締めている。代表チームの主力として勝敗… 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

サッカー日本代表

2019/12/11

なぜ有利な大宮が山形に敗れたか。J1自動昇格を逃した3位の難しさ。

JリーグPRESS

なぜ有利な大宮が山形に敗れたか。
J1自動昇格を逃した3位の難しさ。

およそどんなレベルでも、勝敗の理由はピッチに転がっている。12月1日に行われたJ1昇格プレーオフ1回戦の大宮アルディージャ対モ… 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

Jリーグ

2019/12/03

J1優勝&残留争いで必見の役者たち。“最終回”まであと2話、見どころは?

JリーグPRESS

J1優勝&残留争いで必見の役者たち。
“最終回”まであと2話、見どころは?

明治安田生命J1リーグは、34試合の積み重ねで順位が決まる。どの試合も「34分の1」であるものの、ここからの2試合は特別だ。 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

Jリーグ

2019/11/28

田中史朗&田村優のコンビが再結成。キヤノンで、そして代表での「次」。

ラグビーPRESS

田中史朗&田村優のコンビが再結成。
キヤノンで、そして代表での「次」。

田中がキヤノンの一員となったことで、魅力的かつ強力なコンビが結成された。キヤノンには田村優がいる。W杯で全5試合に先発した… 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

トップリーグ

2019/11/27

久保建英が感じさせた進化の可能性。中西哲生の目にU-22はどう映ったか。

サッカー日本代表PRESS

久保建英が感じさせた進化の可能性。
中西哲生の目にU-22はどう映ったか。

コロンビア戦を観ても、堂安と久保はオン・ザ・ボールでのクオリティで抜きん出ていました。彼らはボールを受けることを怖がらな… 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

サッカー日本代表

2019/11/22

言い訳の余地がない4失点完敗。日本代表への信頼を取り戻せるか。

サッカー日本代表PRESS

言い訳の余地がない4失点完敗。
日本代表への信頼を取り戻せるか。

新戦力を起用する、新たなシステムにトライする、といったテーマを掲げたのならまだしも、きわめてノーマルなスタンスで戦ったう… 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

サッカー日本代表

2019/11/20

ラグビーW杯のスター選手が集結。トップリーグがオールスター状態!?

ラグビーPRESS

ラグビーW杯のスター選手が集結。
トップリーグがオールスター状態!?

いまなお興奮の余韻が残る今回のW杯は、「4年に一度じゃない。一生に一度だ。」をキャッチフレーズとした。国内では一生に一度し… 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

トップリーグ

2019/11/05

徐々にイングランドを追いつめ……。南アがNZと並ぶW杯通算優勝3回に。

ラグビーPRESS

徐々にイングランドを追いつめ……。
南アがNZと並ぶW杯通算優勝3回に。

決定的な差をつけられないまま時間が過ぎていく――。それでも、フォワードがプレッシャーをかけながらバックスを使う南アフリカ… 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

ラグビー

2019/11/03

J2の昇格争い、柏の優位は不動。自動昇格枠やプレーオフ候補は?

JリーグPRESS

J2の昇格争い、柏の優位は不動。
自動昇格枠やプレーオフ候補は?

自力で2位以内を確保できる現実的なラインは、勝点60で8位のファジアーノ岡山までだろうか。各チームの残り5試合の対戦相手を見… 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

Jリーグ

2019/10/25

涙も年齢も力の差も受け止めて。田中史朗が若者に託す「もっと上」。

ラグビーPRESS

涙も年齢も力の差も受け止めて。
田中史朗が若者に託す「もっと上」。

「今回のW杯で、日本ラグビーは一歩踏み出せたと思います。ホントに自分が思い描いていた日本のラグビー文化が根づく第一歩とい… 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

ラグビー日本代表

2019/10/22

松島幸太朗はトライ王でも控え目。南アの厳重警戒を再び破るために。

ラグビーPRESS

松島幸太朗はトライ王でも控え目。
南アの厳重警戒を再び破るために。

この男がトライしなければ、日本の勝利は見えてこない。 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

ラグビー日本代表

2019/10/15

森保一監督「いまの勝利と今後の発展」ベストメンバーで2次予選を戦う理由。

サッカー日本代表PRESS

森保一監督「いまの勝利と今後の発展」
ベストメンバーで2次予選を戦う理由。

モンゴルのドイツ人指揮官ミヒャエル・ワイスは「熟れたリンゴが木から落ちるように、どんどん点を取られてしまった」と振り返っ… 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

サッカー日本代表

2019/10/11

曹監督の退任、そして湘南の苦境。クラブとしてハードワークで再建を。

JリーグPRESS

曹監督の退任、そして湘南の苦境。
クラブとしてハードワークで再建を。

精神的に疲弊している彼らに、ハードワークしろと言うのは残酷かもしれない。だが、トップチームがこの苦境を乗り越えることは、… 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

Jリーグ

2019/10/09

背番号11は福岡堅樹か、レメキか。ジョセフHCを悩ます嬉しい選択肢。

ラグビーPRESS

背番号11は福岡堅樹か、レメキか。
ジョセフHCを悩ます嬉しい選択肢。

勝負を決めるインパクトプレーヤーだ。これまでとは異なる役割で、福岡堅樹が存在感を発揮している。ここまで一度も背番号11を背… 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

ラグビー日本代表

2019/10/07

ページトップ