著者プロフィール 

尾張正博Masahiro Owari

1964年、仙台市生まれ。93年にフリーランスとしてF1の取材を開始。98年から2001年まで、F1速報誌の「GPX」誌の編集長を務めた後、02年から再びフリーランスとしてF1グランプリを全戦カバー。グランプリ・トクシュウ(ソニー・マガジンズ)、F1速報、週刊オートスポーツ(いずれもイデア)、東京中日新聞などに寄稿。主な著書に「トヨタF1、最後の一年」(二玄社)、「F1事情通読本」(東邦出版)がある。

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • blog
  • rss
王者は王者を知る。最後のアロンソにハミルトンとベッテルが示した敬意。

F1ピットストップ

王者は王者を知る。最後のアロンソに
ハミルトンとベッテルが示した敬意。

いままで見たことがない光景だった。 続きを読む

尾張正博Masahiro Owari

2018/12/02

“セナ足伝説”の現代版か?ハミルトン、1.4秒差勝利の超絶テク。

F1ピットストップ

“セナ足伝説”の現代版か?
ハミルトン、1.4秒差勝利の超絶テク。

スーパースターと呼ばれるドライバーには、伝説といわれるレースがある。アイルトン・セナのそれは'91年のブラジルGPだろう。 続きを読む

尾張正博Masahiro Owari

2018/11/19

ファンジオ伝説に並ぶ5度目戴冠。成熟のハミルトンがF1で学んだこと。

F1ピットストップ

ファンジオ伝説に並ぶ5度目戴冠。
成熟のハミルトンがF1で学んだこと。

ある者は言う――F1は最も速いマシンを手にした者が勝つ。だが、勝者は言う――F1はマシンを最も速く走らせた者が勝つ、と。 続きを読む

尾張正博Masahiro Owari

2018/11/06

39歳ライコネン、F1勝利の大偉業。激動を生き抜いたクールな適応力。

F1ピットストップ

39歳ライコネン、F1勝利の大偉業。
激動を生き抜いたクールな適応力。

歴史に刻まれる偉大な勝利だった。第18戦アメリカGPでの、キミ・ライコネンの優勝だ。まず、その年齢だ。アメリカGPが開幕する直… 続きを読む

尾張正博Masahiro Owari

2018/10/31

30回目の鈴鹿はひと味違った!今年のF1日本GPは観客増、若者増。

F1ピットストップ

30回目の鈴鹿はひと味違った!
今年のF1日本GPは観客増、若者増。

「30回の開催を記念して、数多くの取り組みを準備して迎えた今年のグランプリには、昨年を大きく上回るお客様にご来場いただきま… 続きを読む

尾張正博Masahiro Owari

2018/10/08

セナ、シューマッハー、ハミルトン。鈴鹿GP予選に挑んだ最速の系譜。

F1ピットストップ

セナ、シューマッハー、ハミルトン。
鈴鹿GP予選に挑んだ最速の系譜。

いよいよ10月5日から、F1日本GPが三重県の鈴鹿サーキットで開催される。今年の日本GPは鈴鹿で開催される30回目の記念大会だ。幾… 続きを読む

尾張正博Masahiro Owari

2018/10/01

今も走り続けるライコネンのF1道。弱小の古巣に移籍、それがどうした。

F1ピットストップ

今も走り続けるライコネンのF1道。
弱小の古巣に移籍、それがどうした。

フェラーリがついに決断を下した。2019年から、20歳のシャルル・ルクレールを起用することを発表したのだ。 続きを読む

尾張正博Masahiro Owari

2018/09/23

消滅危機だった日本GP存続決定!30回を迎える鈴鹿が勝ち取ったもの。

F1ピットストップ

消滅危機だった日本GP存続決定!
30回を迎える鈴鹿が勝ち取ったもの。

今年で契約が切れるF1日本GPを主催するモビリティランドが、2019年以降も鈴鹿サーキットで同GPを開催することを発表した。 続きを読む

尾張正博Masahiro Owari

2018/09/09

ホンダよ、本田宗一郎の魂を今こそ。F1での「負け癖」を払拭するため。

F1ピットストップ

ホンダよ、本田宗一郎の魂を今こそ。
F1での「負け癖」を払拭するため。

「もしオヤジが生きていたら、みんなボコボコに殴られていたでしょうね」オヤジとは、ホンダの創業者である本田宗一郎のこと。 続きを読む

尾張正博Masahiro Owari

2018/08/26

スーパーアグリは今も走っている!所有する佐藤琢磨ファンの夢とは。

F1ピットストップ

スーパーアグリは今も走っている!
所有する佐藤琢磨ファンの夢とは。

ドイツGPとハンガリーGPの2連戦の最中、F1参戦継続が危ぶまれていたチームがあった。インド人のビジェイ・マリヤがオーナーを務… 続きを読む

尾張正博Masahiro Owari

2018/08/15

F1での跳ね馬復活の立役者、死す。S.マルキオンネ、突然の訃報。

F1ピットストップ

F1での跳ね馬復活の立役者、死す。
S.マルキオンネ、突然の訃報。

ハンガリーGP開幕直前の7月25日、F1界に訃報が届いた。「フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)」のCEO兼「フェラ… 続きを読む

尾張正博Masahiro Owari

2018/07/29

ハース快走の陰に、この日本人アリ。F1界で活躍する“サムライ”富塚裕。

F1ピットストップ

ハース快走の陰に、この日本人アリ。
F1界で活躍する“サムライ”富塚裕。

昨年のシンガポールGPでの偶然の再会が、のちにあるチームを大きく変えるきっかけを作った。 続きを読む

尾張正博Masahiro Owari

2018/07/16

F1最大勢力に舞い戻ったフランス人。10年ぶり母国GPにアレジも感動。

F1ピットストップ

F1最大勢力に舞い戻ったフランス人。
10年ぶり母国GPにアレジも感動。

今年、F1に参戦している3人のフランス人ドライバーにとって、10年ぶりに復活したフランスGPは、特別なグランプリだった。そもそ… 続きを読む

尾張正博Masahiro Owari

2018/06/29

栄光を取り戻せないマクラーレン。ホンダとの離別は必然の帰結だった。

F1ピットストップ

栄光を取り戻せないマクラーレン。
ホンダとの離別は必然の帰結だった。

F1の世界で長年、問われ続けてきた疑問がある。それは「F1マシンにおける全体的なパフォーマンスにおいて、車体とエンジン(パワ… 続きを読む

尾張正博Masahiro Owari

2018/06/17

オーバーテイク王リカルドの我慢。モナコを制した「神ドライブ」とは。

F1ピットストップ

オーバーテイク王リカルドの我慢。
モナコを制した「神ドライブ」とは。

オーバーテイクはモータースポーツにとって欠かせない醍醐味だが、後世に語り継がれる名レースの中には、そのレースの主役である… 続きを読む

尾張正博Masahiro Owari

2018/06/03

鈴鹿GP契約満了、30回目の岐路。アメリカで複数開催の来年は?

F1ピットストップ

鈴鹿GP契約満了、30回目の岐路。
アメリカで複数開催の来年は?

5月10日、アメリカ・フロリダ州のマイアミ市委員会が、F1に関する発表を行なった。「マイアミ市委員会は、2019年から2028年にか… 続きを読む

尾張正博Masahiro Owari

2018/05/20

ホンダに巡ってきた千載一遇の好機。「勝てる」レッドブルとの提携へ。

F1ピットストップ

ホンダに巡ってきた千載一遇の好機。
「勝てる」レッドブルとの提携へ。

ホンダとレッドブルが、アゼルバイジャンGPの2日目、4月28日に2019年のパワーユニット(PU)供給を含めたパートナーシップについ… 続きを読む

尾張正博Masahiro Owari

2018/05/05

危険運転でフェルスタッペンに批判。若きスターが王者に成長するために。

F1ピットストップ

危険運転でフェルスタッペンに批判。
若きスターが王者に成長するために。

「次の8コーナーなら少しはオーバーテイクのチャンスがあるかもしれないけど、彼が仕掛けてきた7コーナーは無理だ。というのも、… 続きを読む

尾張正博Masahiro Owari

2018/04/22

真のパートナーを見つけたホンダ。トロロッソとの絆で掴んだ4位入賞。

F1ピットストップ

真のパートナーを見つけたホンダ。
トロロッソとの絆で掴んだ4位入賞。

57周のレースを終えたバーレーンGPのピットレーンで、ドライバーを胴上げするチームがあった。4位でフィニッシュしたピエール・… 続きを読む

尾張正博Masahiro Owari

2018/04/11

F1ホンダ新体制は正念場の4年目。「働き方を変えていかないと……」

F1ピットストップ

F1ホンダ新体制は正念場の4年目。
「働き方を変えていかないと……」

春は出会いと別れが交錯する季節だ。F1復帰4年目のシーズンを迎えるホンダでも、今年に入ってさまざまなスタッフがF1の現場を離… 続きを読む

尾張正博Masahiro Owari

2018/04/08

ページトップ