野ボール横丁BACK NUMBER

球速だけではない「何か」を持つ男。
“小さな大投手”楽天・美馬学。 

text by

中村計

中村計Kei Nakamura

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2011/02/26 08:00

球速だけではない「何か」を持つ男。“小さな大投手”楽天・美馬学。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

速球派の投手ではあるが、スライダー、カーブ、カットボール、シンカーなど変化球も多彩なものがある美馬。昨秋には広州アジア大会で日本代表に選ばれ銅メダルを獲得している

美馬は球速だけでは計れない「何か」を持っている。

 美馬は高校卒業後、中央大に進んだ。4年春、2部優勝を果たした際には、MVPを獲得している。中央大を出た後は、東京ガスに入社。2年目の2010年には、クローザーとして活躍し、都市対抗出場に導いた。ちなみに現在は、最高球速は153キロまで伸び、身長・体重もあくまで公称だが169センチ、74キロまで大きくなったようだ。

 それにしても、高校時代、あんなに小さかったピッチャーが、大学、社会人と生き残り、さらにはプロ野球の世界までたどり着くとは。それだけでも驚きである。

 スカウトの世界では、どんなに速いボールを投げようとも、右投げの小さな投手は極端に評価が低い。それだったら、むしろサイドやアンダーといった変則投手の方が重宝される。そんな中でも今回、2位指名を受けたということは、球速だけでは計れない何かがあるということだ。

体格のハンディを結果を出すことで乗り越えた美馬は実戦向き?

 あのイチローが以前、一般的な例として、こんな話をしていたことがある。

「小さいのに速いボールを投げられるということは、何を証明しているのか。それは自分のことを熟知しているということですよ。本来、そんなパフォーマンスをできるはずもないのに、できているわけですから。(身長が)180センチあっても(球速が)130キロしか投げられないピッチャーなんて、たくさんいるじゃないですか。そんなピッチャーよりもよっぽど使えますよ」

 体格で劣る美馬は、おそらくこれまでの野球人生の中で、将来性を期待されたことはほとんどなかったに違いない。そして何度となく「もう少し上背があったらな……」というつぶやきを耳にしてきたはずだ。だが、そんな逆風も、誰よりもよく自分のことを知り、結果を出すことで乗り越えてきたのだ。

 今季のルーキーは確かに逸材ぞろいだ。だが実戦向きという点では美馬に一日の長がある。そんな美馬が、案外、新人王にいちばん近いのではないだろうか。

関連記事

BACK 1 2
美馬学
東北楽天ゴールデンイーグルス

プロ野球の前後の記事

ページトップ