メジャーリーグPRESSBACK NUMBER

「アメフトでもNFLを狙えた」ヌートバーはなぜ野球を選んだのか? 本人に聞いた“決定的な理由”「フットボールは大好き。でも…」 

text by

阿部太郎

阿部太郎Taro Abe

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2023/03/02 17:00

「アメフトでもNFLを狙えた」ヌートバーはなぜ野球を選んだのか? 本人に聞いた“決定的な理由”「フットボールは大好き。でも…」<Number Web> photograph by Getty Images

写真は高校時代のラーズ・ヌートバー。野球だけでなく、アメリカンフットボールでも将来有望なQBとして注目を集めていた

ヌートバー本人が語る「野球を選んだ理由」とは?

 ヌートバーはなぜその時、野球を選んだのか。

 本人に直接聞いた。怪我ももちろん理由のひとつだが、彼にはもうひとつ、決定的な理由があった。

「最終的に野球を選んだのは、私が野球一家で育ったからだと思う。自分の人生は野球に捧げられているのかな、って。野球の方がアメフトよりも長くやっていたし、何かがいつも自分に語りかけていたんだよ。『あなたには野球が合っている』と」

 アメフトへの思いがないわけではない。

「フットボールが恋しいし、大好き。でも、野球が一番なんだ。母も野球の方が好きだし、そういうことも関係しているのかもね。たしかに高校時代にフットボールで大きな怪我をした。でも、それは『野球に行った方がいいんじゃないか』って最後の決定打みたいなもの。野球ならタックルされることもないからね(笑)」

 父のチャーリーさんは大学まで野球選手だった。母の久美子さんも高校時代、埼玉の松山女子高校でソフトボールに打ち込んだ。

 ヌートバーの“最初の指導者”は久美子さんだ。「こう打つんだよ」と、手取り足取りフォームを教えた。

「最初のバッティング、裏庭で教えたのは私なんですよ。(型は)日本野球のスタイル。王さんの一本足打法、小さい時からかっこいいと思っていたもんなあ……」

 自宅の裏庭で、親子で日が暮れるまで野球をして遊んだ。

 最近、久美子さんが高校時代のソフトボール仲間から言われてびっくりしたことがある。

「ラーズ君の打撃フォーム、昔のえのき(久美子さんの“榎田”姓からついた愛称)にそっくりなんだよね」

 メジャーリーグで足を高く上げてタイミングを取る選手は少ないが、ヌートバーはそうする。小さい頃に母から教えられた“日本スタイル”の影響が、色濃く出ているのかもしれない。

 両親が大好きなヌートバーが野球を選択したのは、やはり必然だったのだ。

記事内で紹介できなかった写真が多数ございます。こちらよりぜひご覧ください。

この記事の全文は「Number PREMIER」でお読みいただけます。
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
甦る死闘。 True Stories of 2023. - Number1086号 <表紙> 大谷翔平

Sports Graphic Number 1086
甦る死闘。
True Stories of 2023.

2023年12月7日発売
800円(税込)

Amazonで購入する

関連記事

BACK 1 2 3
ラーズ・ヌートバー
栗山英樹
トム・ブレイディ
パトリック・マホームズ
セントルイス・カージナルス

MLBの前後の記事

ページトップ