SCORE CARDBACK NUMBER

「エースは1人だからな」DeNA・三浦大輔監督から激励を受けた男…“投げる科学者”大貫晋一「コントロールが僕の生命線」

posted2023/02/28 06:00

 
「エースは1人だからな」DeNA・三浦大輔監督から激励を受けた男…“投げる科学者”大貫晋一「コントロールが僕の生命線」<Number Web> photograph by Kiichi Matsumoto

昨季は自己最多11勝。阪神とのCS第2戦でも6回で10奪三振と好投した。今季は初の規定投球回到達を目指す

text by

石田雄太

石田雄太Yuta Ishida

PROFILE

photograph by

Kiichi Matsumoto

 初の開幕投手への立候補を公言した大貫晋一は、三浦大輔監督にこう言われたのだという。

「右のエースとか左のエースとか言われるけど、エースは1人だからな」

 右の大貫と左の今永昇太――同学年のエース候補である。長くベイスターズのエースと呼ばれた指揮官が大貫に投げ掛けた言葉は、1つしかないエースの座を奪い取れという叱咤激励ではなかったか。大貫は言った。

「エースは狙うというより後からついてくるものだと思うので、結果を評価してもらってそう呼ばれる日が来ればいいと思っています。今永にはまだ及びませんが、少しずつ自信もついてきていますし、(開幕を狙うと)自分から言えば責任感も生まれます。気持ちを高めるためにも今年は敢えて言うようにしています」

「測定ツールとデータ、頭を使いながら投げる」

 昨年、今永と並ぶチームトップの11勝を挙げた大貫は、つかんだ自信の根拠に「ゲームを壊すことがなかった」ことと「穴をあけることなくローテーションを守った」こと、さらには「冷静に状況判断する力がついてミスが減った」ことを挙げた。

「何事に対しても間違えることがなくなってきていると思います。総合力で戦う自分の特徴も何となくわかってきて、圧倒的なボールがない分、コンビネーションやコントロールが僕の生命線になります。まっすぐならどの球種と組み合わせて投げるか。高めのまっすぐとカーブを同じピッチトンネルで投げられればバッターは打つチャンスが減るはずです。

 あるいはまっすぐをどこに投げて、どこに投げないか。たとえば一塁側のまっすぐの回転効率が90%台前半でホップ成分が低いとなれば、それは弱いボールです。だったら一塁側のラインに投げるまっすぐはボール球にすべきなのか、そのラインに投げるまっすぐ自体を減らして別の球種で勝負すべきなのか。そうやって測定ツールとデータ、頭を使いながら投げないと長くプレーすることはできないと思っています」

 今永が投げる哲学者なら大貫は投げる科学者だ。ブルペンにラプソードを設置して一球ごとにデータを測定しながら、自らのボールをシビアに客観視する。己の心が満たされる球を投げるのではなく、バッターが嫌がる球を投げようとする大貫は、ピッチャーの本質を追求する日々を「楽しいですよ」と言って、笑った。

この記事の全文は「Number PREMIER」でお読みいただけます。
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
甦る死闘。 True Stories of 2023. - Number1086号 <表紙> 大谷翔平

Sports Graphic Number 1086
甦る死闘。
True Stories of 2023.

2023年12月7日発売
800円(税込)

Amazonで購入する

関連記事

横浜DeNAベイスターズ
大貫晋一
今永昇太

プロ野球の前後の記事

ページトップ