SCORE CARDBACK NUMBER

タイパもコスパも一級品。叩き上げのピボット河原創。

posted2023/01/22 07:01

 
タイパもコスパも一級品。叩き上げのピボット河原創。<Number Web> photograph by J.LEAGUE

熊本U-15から大津高、福岡大と九州一筋の河原。昨季まで熊本で主将も務め、J1昇格まであと一歩に迫った

text by

北條聡

北條聡Satoshi Hojo

PROFILE

photograph by

J.LEAGUE

 止める、蹴る――とはフットボーラーの命綱。そこへ止めずに蹴る技量を重ねた人は強い。今オフ、J1のサガン鳥栖に加入した河原創はその一人だろう。

 ポジションはピボット。中盤の底に構え、攻守の両輪を休みなく回転させる。その見事な手際はチームの頭脳と呼ぶべき類のものだ。

 際立つのは攻めに転じた局面での速く、巧みなプレス回避。その秘密こそ意識的に取り組んだワンタッチパスにある。止める手間を省くことで、相手に捕まる前にやすやすとボールを逃がしてしまう。

 しかもボールの行く先は縦、横、斜め、自由自在。安易に後ろへ下げず、チーム全体を速やかに前進させる。堂に入った振る舞いはピボット(旋回軸)そのもので、先進的なフットボールを志す鳥栖が獲得に動いたのも納得がいく。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 552文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

河原創
ロアッソ熊本
サガン鳥栖
大木武

Jリーグの前後の記事

ページトップ