SCORE CARDBACK NUMBER

日本ハムの4番・野村佑希(22歳)が誓う“流れを変えるための背番号5”「打球の伸び方は清宮さんや万波と勝負できない。最多安打、打点王が目標」

posted2023/01/09 06:00

 
日本ハムの4番・野村佑希(22歳)が誓う“流れを変えるための背番号5”「打球の伸び方は清宮さんや万波と勝負できない。最多安打、打点王が目標」<Number Web> photograph by Naoya Sanuki

花咲徳栄高から2019年にドラフト2位で日本ハム入団。2022年11月の強化試合では、侍ジャパンを相手に2安打2打点

text by

石田雄太

石田雄太Yuta Ishida

PROFILE

photograph by

Naoya Sanuki

 プロ5年目、野村佑希は背番号5をつける。目指すは4番サードでのフル出場。そのために彼がまず乗り越えなければならないのはケガとの戦いだ。左股関節亜脱臼、右手小指骨折、左ヒザ打撲、左足首捻挫、鼻骨骨折、左脇腹肉離れ……レギュラーの座をつかみかけながら、野村はケガに泣かされ続けてきた。

「僕の場合、骨が折れたとかアクシデントのケガがほとんどだったので、どう対処すればいいのかをずっと考えてきました。技術不足と言われればそれまでですが、高校まではケガをした記憶すらないんです。何しろ小1以来の骨折がプロに入って5回ですからね。一つ思い当たるとしたら、調子のいいときにケガをしてしまうイメージがあります。野球のことがうまく行っていて技術のことで頭がいっぱいになったとき、思わぬ方向のケガをしてしまうんです。だから、いいときこそ頭の片隅にケガのリスクを置いてプレーする。まずフルシーズンを戦うことができれば壁を越えられるでしょうし、流れを変えるための背番号5でもあると思っています」

ポテンシャルとスター性は、日ハムの未来予想図から外せない

 高いポテンシャルと身に纏うスター性はファイターズの未来予想図から外すことはできない。昨シーズンは93試合に出場、チーム最多の52試合で4番を務めたものの、打率.279、ホームラン6本という数字に野村が満足できるはずもない。

「打球を上げて長打を増やす……つまりホームランを打つためのメジャーリーガーに近い捻転の動きとか、そういう身体の使い方を勉強してきたんですけど、うまくいきませんでした。打球を上げようとして上げるのではなく、上げようとしないほうが打球にいい角度がつくことに気づいたんです。そのためには軸足でしっかり立つ感覚を大事にする。地面を踏みしめながら、地面からの反発を感じて自分の形でスイングできれば、結果はついてくると思いました」

 ホームランを狙うのではなく、持ち味の積極性を活かせさえすれば自然とホームランは増える、と考える。

「打球の飛び出しや伸び方は清宮(幸太郎)さんや万波(中正)と勝負できないし、一番にはなれないと感じています。初球のスイング率が高いことを活かすために、打って増やせる最多安打、あとは打点王を目標にしていきたいですね」

<完全保存版>カタールW杯総集編WORLD CUP Qatar 2022 The FINAL

「Amazon」で購入

Sports Graphic Number 1065

<完全保存版>カタールW杯総集編
WORLD CUP Qatar 2022 The FINAL

【伝説に残る決勝】
アルゼンチンvs.フランス

【エースの足跡】
メッシ/エムバペ

【クローズアップ】
ケイン/ロナウド/ネイマール

【グループステージ総括】
“死の組”の主役は日本だった

【別冊付録】
箱根駅伝プレビュー

特別定価:本体730円(税込)目次ページへ

関連記事

野村佑希
北海道日本ハムファイターズ
清宮幸太郎
万波中正
新庄剛志

プロ野球の前後の記事

ページトップ