Sports Graphic Number MoreBACK NUMBER

<藤井聡太王将に挑戦>羽生善治52歳に聞いた、“人生初負け越し”の昨季は「実験の1年」だったのか?「リスクを取らないと長期的にはいい形にならない」 

text by

高川武将

高川武将Takeyuki Takagawa

PROFILE

photograph byKiichi Matsumoto

posted2023/01/08 11:00

<藤井聡太王将に挑戦>羽生善治52歳に聞いた、“人生初負け越し”の昨季は「実験の1年」だったのか?「リスクを取らないと長期的にはいい形にならない」<Number Web> photograph by Kiichi Matsumoto

王将戦七番勝負で藤井聡太王将に挑戦する羽生善治九段。昨季は人生初の負け越しとなったが、羽生はどのような思いでその時期を過ごしていたのか

 今度は半ば吐き捨てるように言った。

ダメな手を見つけていくことの繰り返しですね。ずっと…

「いやぁ、ダメなものを片っ端から潰していく感じですよ。これはダメだった、これもダメだったっていう作業ですね。これもAIの影響なんですけど、新しいものはダメなものばっかりですからね(笑)。可能性を絞り込む? うーん、ダメな手を見つけていくことの繰り返しですね。ずっとそうなんですよ、ずっと……。

 AIの手をどこまで受け入れるか、その見極めが難しいんです。自分とソフトの考えが違うだけでなく、ソフトによっても提示される手は違う。仮に同じソフトでも、10分で出した結論と1時間かけて出した結論が違うので、絶対的に何が正しいかわからないことが多い。何を信じていいかよくわからないんです、本当に……」

 こちらが言葉を継げないでいると、「まあでも」と気を取り直したように続けた。

「ダメだったものも一応やってみたことにそれなりの価値があると信じて、前に進んで行くしかないのかなというところですね」

冒頭の質問を投げかけると…

 羽生の根底にあるモチベーションは、将棋の真理の追究にある。ただそれは絵に描いた餅ではなく、結果が伴わなければならない。混沌とした状況下で、大きくなるジレンマ、葛藤。そこで私は冒頭の質問を投げかけてみた。

――昨年沢山負け続けて得たものは何ですか。例えば、負けることの意味とは?

 しばし考えを巡らした羽生は、やはり意表を突いた答えを返してきた。

(#2へ続く)

#2に続く
羽生善治は藤井聡太20歳の将棋をどう見ている? 「棋譜を見れば伝わってきます」「32歳差ですか。だいぶ離れてはいますけど…」

関連記事

BACK 1 2 3 4
羽生善治
藤井聡太

ゲームの前後の記事

ページトップ