Number on NumberBACK NUMBER

エンゼルスの補強計画

posted2023/01/04 07:00

 
エンゼルスの補強計画<Number Web> photograph by Getty Images

カルロス・エステべスはドミニカ出身の30歳。愛称の「ワイルド・シング」は本名が同姓同名で映画『メジャーリーグ』に主演した俳優チャーリー・シーンにちなんでのもの

text by

小川勝

小川勝Masaru Ogawa

PROFILE

photograph by

Getty Images

 米大リーグでは2023年に向けて契約交渉などが盛んに行われ、30球団すべてが動いているところだ。大谷翔平が所属するエンゼルスは、打者に重点を置きながら、すでに大きな補強を行った。'22年は73勝89敗でア・リーグ西地区の3位だった。8年間、プレーオフに出ていないエンゼルスが、プレーオフで戦えるチームになりつつあるのか、オフになって行った戦力補強について、詳しく見てみよう。

 '22年のエンゼルスは、投打の両方で課題が見えたものの、あえてどちらに、より大きな課題があったのかと言えば、それは打線のほうだった。年間のチーム得点は623点で、ア・リーグの15球団で13位の成績だった。取っている点数がリーグの中で13番目では、投手陣が優れていたとしてもプレーオフを狙うには厳しいチーム力だ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1518文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

ロサンゼルス・エンゼルス
大谷翔平
マイク・トラウト
ハンター・レンフロー
ジオ・ウルシェラ
カルロス・エステべス

MLBの前後の記事

ページトップ