Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[中心選手のプライド]遠藤航「対等に戦う土台はできた」

posted2022/12/18 07:02

 
[中心選手のプライド]遠藤航「対等に戦う土台はできた」<Number Web> photograph by Naoyoshi Sueishi

text by

戸塚啓

戸塚啓Kei Totsuka

PROFILE

photograph by

Naoyoshi Sueishi

前回W杯で出場機会に恵まれなかった男は、4年間で大きく成長した。ドイツで2年連続デュエル王となり、日本代表では主軸の1人となった。しかし、目標には届かなかった。だから、世界を視野に戦い続ける。

 あの日抱いた思いを、遠藤航はずっと胸に秘めてきた。'18年7月に行なわれたロシアW杯のベルギー戦で感じた悔しさ、を。

「ベルギーに逆転で負けた悔しさと同時に、僕自身はW杯で1試合も出られなかった悔しさがあった。それをずっと忘れずにやってきました」

 今回のW杯直前、所属クラブの試合で脳震とうに見舞われた。それでも、初戦のドイツ戦に間に合わせた。コスタリカ戦の負傷でスペイン戦は先発から外れたものの、クロアチアとのラウンド16では最後までピッチに立った。チーム結成時からのコアメンバーとしての責任を果たした。

「今回はW杯アジア予選から、チームの中心でいなければいけない、周りを引っ張っていかなきゃいけない、という思いを持ちながらやってきた。個人的にはすごく成長を実感できた大会だったと同時に、世界の壁はまだまだ高いなと痛感させられた」

 代名詞のデュエルだけでなく、攻撃でもチームの力になった。縦パスでスイッチを入れ、シュートに繋がるパスも通した。

「そこは自分の良さでもあるというか、1対1だけでなく攻撃に関わっていくのは、この4年間ずっとやってきた。そこは出せたと思いますけど、とくに延長戦とかタフな展開になったところで、存在感を出せれば良かったかなと思います」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1649文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

遠藤航
カタールW杯
ワールドカップ
ロシアW杯

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ