SCORE CARDBACK NUMBER

オープン優先出走順位の改定は馬の供給過剰が生んだ課題だ。

posted2022/12/09 07:00

 
オープン優先出走順位の改定は馬の供給過剰が生んだ課題だ。<Number Web> photograph by JIJI PRESS

'19年のセレクトセールの様子。このときのセリでは4億7000万円の落札馬が出るなど好況が続いている

text by

片山良三

片山良三Ryozo Katayama

PROFILE

photograph by

JIJI PRESS

 日本の軽種馬(主にサラブレッド)生産頭数は、セリ市場の記録的な好況に乗じる形で漸増中。アングロアラブ種の競走が終了し、地方競馬場が相次いで廃止された影響で、'12年には6837頭まで減っていたのだが、'21年の集計では7733頭(日本軽種馬協会発行「軽種馬統計」による)まで盛り返してきている。

 30年前、'92年には1万2874頭が生産されており、それはどう考えても供給過剰。いまの生産頭数でも、中央競馬で成績が頭打ちになった馬を地方競馬にステージを下げようとしたときに、少し前までのように全部が歓迎される状況ではなくなっている。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 629文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

競馬の前後の記事

ページトップ