SCORE CARDBACK NUMBER

不屈のNEVER GIVE UP精神。藤波辰爾の熱き激戦は続く。

posted2022/12/01 07:00

 
不屈のNEVER GIVE UP精神。藤波辰爾の熱き激戦は続く。<Number Web> photograph by AFLO

アントニオ猪木の付き人からプロレスラーとしてのキャリアを始めた藤波辰爾。昨年、デビュー50周年を迎えた

text by

門馬忠雄

門馬忠雄Tadao Monma

PROFILE

photograph by

AFLO

 ドラディションを主宰する、藤波辰爾による『THE NEVER GIVE UP TOUR FINAL DRAGON EXPO 1971』が12月1日、東京の国立代々木競技場・第二体育館で開催される。

 ちょうど本誌の発売日と同日に行われるこの大会。だが、今のタイミングでドラゴン藤波を取り上げるのには、他にも理由がある。

 まずは藤波が、10月1日に心不全で亡くなった新日本プロレス創始者アントニオ猪木(享年79)の一番弟子であること。また、12月15日が日本のプロレスの父・力道山の命日であること。そして12月28日が、藤波の69歳の誕生日であることだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 620文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

藤波辰爾
ドラディション
新日本プロレス
アントニオ猪木
棚橋弘至
カール・ゴッチ

プロレスの前後の記事

ページトップ