松坂大輔「怪物秘録」BACK NUMBER

松坂大輔「不調のまま迎えた夏の甲子園」(連載15)

posted2022/11/30 07:00

 
松坂大輔「不調のまま迎えた夏の甲子園」(連載15)<Number Web> photograph by JIJI PRESS

初戦の柳ヶ浦相手に制球が定まらず、汗をぬぐう松坂

text by

石田雄太

石田雄太Yuta Ishida

PROFILE

photograph by

JIJI PRESS

高校最後の夏、県予選では決勝以外は全て無失点で勝ち抜いた横浜高校。しかし松坂のコンディションは上がらなかった。そんな中、甲子園初戦を迎える。

 センバツで優勝投手となった松坂大輔はその1カ月後、春の関東大会でも格の違いを見せつけた。延長13回で19個の三振を奪った決勝の日大藤沢戦で、松坂は「火を噴くボールを投げていた」と言った。しかし、そのイメージが逆に落とし穴となる。

◆◆◆

 最後の夏を前に、僕はあの関東大会で投げた(火を噴く)ボールのイメージを追って調子を崩してしまいました。投げた感覚は指先に残っているのに、どうやって投げたのかを思い出せない。実際に投げたんだから投げられるに決まってると意固地になってしまったんです。自分でボールを離すところが見えるくらい、腕が前に出てくる。低めからグッとホップして、それでもなお低めいっぱいに決まるストレート……自分の中にその感覚が残っていたからこそ、いつでも投げられると思ってしまいました。でも、そのボールを投げようとし過ぎた結果、それまでの感覚やバランスを失ってしまったのかもしれません。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 2654文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

松坂大輔
横浜高校
渡辺元智
柳ヶ浦高校

高校野球の前後の記事

ページトップ