松坂大輔「怪物秘録」BACK NUMBER

松坂大輔「PL戦で起きた稀有なプレー」(連載13)

posted2022/11/03 06:00

 
松坂大輔「PL戦で起きた稀有なプレー」(連載13)<Number Web> photograph by SANKEI SHIMBUN

センバツ決勝の関大一高戦。ラストバッターから空振り三振を奪う

text by

石田雄太

石田雄太Yuta Ishida

PROFILE

photograph by

SANKEI SHIMBUN

勝ち上がる横浜高校の前に立ちはだかったのはPL学園。緊迫感漂う接戦はクロスプレーが勝敗を分けることに。これで勢いに乗った松坂らはついに全国制覇を成し遂げる。

 松坂大輔を擁する横浜は春のセンバツで準々決勝へと勝ち進んでいた。第1試合は夏に横浜と死闘を繰り広げることになる明徳義塾とPL学園が対戦し、延長の末にPLが勝ってベスト4へ進出。横浜は第2試合で近畿大会を制した郡山と対戦した。

◆◆◆

 郡山は2年連続のセンバツ出場で、そのときのメンバーがけっこう残っていると聞いていました(6人)。その年の夏は出られなかったけど、秋の近畿大会で優勝してセンバツに出てきていたので、どんなチームかなと思っていました。秋はPL学園に5-3で勝ったんですよね。ただ、正直、あまり打つイメージはありませんでした。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 2817文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

松坂大輔
横浜高校
PL学園高校
福留孝介
古畑和彦
関西大学第一高校

高校野球の前後の記事

ページトップ