SCORE CARDBACK NUMBER

「145」から「7点差」まで。超満員の新国立で思ったこと。

posted2022/11/20 07:01

 
「145」から「7点差」まで。超満員の新国立で思ったこと。<Number Web> photograph by Kiichi Matsumoto

今年7月20日に開催されたサッカーのPSG対川崎戦の6万4922人を超え、新国立競技場の最多動員記録を更新

text by

大友信彦

大友信彦Nobuhiko Otomo

PROFILE

photograph by

Kiichi Matsumoto

「もう、相手がオールブラックスでも日本が勝てない理由はない。絶対に勝てる。勝ちに行く」

 目の前の戦いを目で追いながら、リーチマイケルが口にした言葉が何度も頭を駆け巡った。黒いジャージーがダイナミックなトライで突き放すたび、桜のジャージーはスリリングなトライで追撃。選手たちは本気でニュージーランド(NZ)に勝つつもりでいるのだ。

 しかも日本のあげた4トライはどれも極上品だった。自陣のターンオーバーから90mを切り返し、山沢拓也のドリブルで決めた最初のトライ。シオサイア・フィフィタのキックが相手に当たって跳ね返ったカオスな状況から精密パスをノーミスで繋いだ流大の一撃。20歳のワーナー・ディアンズは母国を相手にキックチャージからそのまま走り切り、姫野和樹は相手DFの連携の隙を見逃さずゴールラインをこじあけた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 555文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

オールブラックス
リーチ マイケル
姫野和樹
坂手淳史

ラグビーの前後の記事

ページトップ