Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[第2戦 KEYMAN]内山壮真「20歳の一打に詰まった“読む力”」

posted2022/11/05 07:08

 
[第2戦 KEYMAN]内山壮真「20歳の一打に詰まった“読む力”」<Number Web> photograph by Naoya Sanuki

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph by

Naoya Sanuki

 5時間3分、延長12回の引き分け劇。日本シリーズ史上2番目の長時間試合を生み出した“犯人”は、高卒2年目の20歳だった。

 0対3と敗色濃厚の9回無死一、二塁だった。代打に指名された内山壮真が放った一打が、左翼手の吉田正尚の頭上を越えていく。マウンドの守護神・阿部翔太が左翼席前段に弾んだ打球を呆然と見送った。

「打った瞬間、感触もすごく良かったので『行ってくれ!』『スタンドまで届いてくれ!』と思いました。1年間一軍で出させてもらって、その経験が今日の一打に詰まっていた」

 日本シリーズで代打での初打席初本塁打は史上5人目という快挙。そしてそれがチームを敗北の縁から一発で引き上げた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 571文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

東京ヤクルトスワローズ
内山壮真
高津臣吾
古田敦也
オリックス・バファローズ
阿部翔太

プロ野球の前後の記事

ページトップ