マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

心で叫んだ…ヤクルト3位「なぜ指名して欲しくない選手だったか」 ドラフトウラ話【ヤクルト編】

posted2020/11/15 17:04

 
心で叫んだ…ヤクルト3位「なぜ指名して欲しくない選手だったか」 ドラフトウラ話【ヤクルト編】<Number Web> photograph by KYODO

ヤクルトから3位指名され、花束を手にする星稜高の内山壮真捕手。右は同高の林和成監督

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph by

KYODO

「2020ドラフト答え合わせ」最後はヤクルト編。なぜ“ヤクルト3位”はできれば指名して欲しくない選手だったのか――。

【ヤクルト編】「できれば指名してほしくない選手」

 この話は、決してある個人をけなした話でもなく、ある球団の指名を批判したものでもない。最後まで読んでいただければ、自然とわかっていただけるとは思うが、「蛇足」と承知で、あらかじめおことわりさせていただく。

「2020ドラフト」は、私の中に、ただ1人、できれば指名してほしくない選手がいた。

 たぶん「上位」はないだろうと思っていたら、意外に早く名前を呼ばれて驚いた。

「第3順選択選手、東京ヤクルト、内山壮真、捕手、星稜高校」

 そんなアナウンスが聞こえた時、私は「ああー!」と心の中で絶叫していた。「あ」に「濁点」が付いていた。

「星稜の内山」といえば、星稜中学当時からすでに知られた存在だった。星稜高校に進学すると、1年春からもう遊撃手のレギュラーとして、クリーンアップをつとめるまでになっていた。

 内山壮真のプレーを初めて見たのも、その頃だった。当時で172cm70kg……小柄ながら、体の軸で振り抜けるスイング。タイミングがあった時は、左翼方向に120mは飛んだかと思うような雄大な放物線を見上げながら、「こりゃあ、小型の中田翔(日本ハム)だ」と胸が躍ったものだ。

 遊撃手から、中学時代に守っていた捕手に「職」を移し、どちらも破綻なくこなした。だから、ドラフト候補に挙がるのもうなずけたし、プロ志望届が出たのも自然の成りゆきだな……と納得もできた。  

 しかし一方で、私の中には、勝手な「内山壮真未来像」が出来上がっていた。

【次ページ】「あんなに“出来たヤツ”に会ったことがない」

1 2 NEXT
東京ヤクルトスワローズ
内山壮真

プロ野球の前後の記事

ページトップ