Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[完全復活へ]デアリングタクト「今度は自分たちの番だから」

posted2022/10/21 07:00

 
[完全復活へ]デアリングタクト「今度は自分たちの番だから」<Number Web> photograph by Photostud

text by

太田尚樹(日刊スポーツ)

太田尚樹(日刊スポーツ)Naoki Ota

PROFILE

photograph by

Photostud

競走馬では前例のない治療と段階を踏むリハビリ――。三冠牝馬の戦線離脱は、実に385日に及んだ。ようやくターフに戻り、完全復活へ向かう女王の歩みを共に闘ってきたジョッキーとトレーナーが語った。

 薄暗い地下馬道をくぐり抜けると、湧き上がる拍手が聞こえてきた。その音は観客席の屋根と壁に反響して、人馬を包んだ。

 場内アナウンスは「よくぞ復帰してくれました、デアリングタクト!」と声を弾ませた。マスク姿のファンは、抑えた歓声の分まで思いを込め、両手を打ち鳴らした。今年5月15日のヴィクトリアマイル。三冠牝馬が1年ぶりにターフへ戻ってきた。

 淡い青と白の勝負服を纏った松山弘平にとっても、待ちわびた瞬間だった。

「本当にファンの多い馬で、すごくありがたかったです。たくさんの人たちが待っていてくれて、より『勝ちたい』という思いになりました。感動している場合ではないですけど……胸にくるものがありました」

 光の見えない道のりだった。昨年5月初旬。3着に終わった香港遠征から帰国して間もないタイミングで、杉山晴紀調教師の電話が鳴った。放牧先からの報告は、右前脚の異状。すぐに精密検査が手配された。

 診断は繋靱帯炎だった。再発のリスクは高く、父エピファネイアも引退に追い込まれた。しかも症例の多い脚部(下端)ではなく、上方にある体部に炎症を起こしたレアケースだけに杉山も頭を抱えた。

「経験したことのない箇所なので、JRAの獣医にも予後(回復の見通し)をいろいろ聞いて、復帰を目指すのかどうか(オーナーサイドの)岡田牧雄さんと相談しました。再発すると屈腱炎よりも予後が良くないんです。たとえば腱を断裂しても命を落とすことはないですけど、骨格を支える靱帯が切れてしまうと死を意味しますから」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 2412文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

デアリングタクト
松山弘平
杉山晴紀
ハイコースト

競馬の前後の記事

ページトップ