メジャーリーグPRESSBACK NUMBER

《単独インタビュー》大谷翔平28歳が語った”投手・大谷”の本音「バットを折りにいくくらいの感じ」「スピードは武器なので…」 

text by

石田雄太

石田雄太Yuta Ishida

PROFILE

photograph byNanae Suzuki

posted2022/10/18 06:05

《単独インタビュー》大谷翔平28歳が語った”投手・大谷”の本音「バットを折りにいくくらいの感じ」「スピードは武器なので…」<Number Web> photograph by Nanae Suzuki

メジャー史上初の投打W規定到達の偉業を成し遂げた大谷翔平が単独インタビューに応じ、今シーズンの”投手・大谷”について語った

「スピードは武器なので、そこは一番の強みかなと」

大谷 腕の位置に関しては、腕だけを下げているわけではないということです。体幹の角度から変えていますから、軸の向きが変わっているというだけのことなんです。むしろ、違う動きをしたときに腕が遅れてこないかどうかがケガにつながる一番の問題点になるので、そこには注意して投げていました。

――フォーシームについては球速が増せば増すほど負担がかかるということになりますが、この先、どんなボールにしていきたいと考えていますか。

大谷 スピードは武器なので、そこは一番の強みかなと思いますし、(メジャーでは163kmの)マックスも上げられるものなら上げていきたいと思っています。クローザーならもっと上げてもいいと思うんですが、先発だとそこばっかりを目指してもね。だから、ここ一番で出せればいいと思っています。

後編に続く>

Number1062号(11月4日発売)にて、大谷翔平ロングインタビューを全文掲載する予定です。歴史的な偉業を達成した今シーズンの投打について、本人がたっぷりと語っています。来年のWBCについての思いや来シーズンに向けた目標についても明かしていますので、ぜひこちらもお楽しみください。
#2に続く《単独インタビュー》大谷翔平28歳に問う究極の対決!”ピッチャー大谷”は”バッター大谷”をおさえられるのか…果たして勝敗は?

記事内で紹介できなかった写真が多数ございます。こちらよりぜひご覧ください。

関連記事

BACK 1 2 3
大谷翔平
ロサンゼルス・エンゼルス
アーロン・ジャッジ
ニューヨーク・ヤンキース
マイク・トラウト

MLBの前後の記事

ページトップ