Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[同門対談]斎藤明日斗×本田奎「兄弟の愛と嫉妬」

posted2022/10/07 07:03

 
[同門対談]斎藤明日斗×本田奎「兄弟の愛と嫉妬」<Number Web> photograph by Kazufumi Shimoyashiki

text by

伊藤靖子(ABEMA TIMES)

伊藤靖子(ABEMA TIMES)Yasuko Ito

PROFILE

photograph by

Kazufumi Shimoyashiki

近年、次々と若手有望株が登場する宮田利男一門。「アスト」「本田さん」と呼び合う2人は、幼少期から現在まで切磋琢磨して互いを高め合ってきた。幼馴染であり、ライバルであり、仲間でも家族でもある存在は、彼らに何をもたらすのか。その絆と葛藤を語り合う――。

 季節の変わり目を告げる雨がやむ頃、本田奎五段と斎藤明日斗五段が顔をそろえた。ともに宮田利男八段門下。東京・三軒茶屋将棋倶楽部で子供の頃からしのぎを削り、それぞれプロ入りを果たしたひとつ違いの兄弟弟子だ。「アスト」、「本田さん」と呼び合えば、自然と緊張もほぐれ頬が緩む。その笑顔の下に、たくさんの悔恨と絶望、そして希望を隠して。

斎藤 対談みたいなのは初めてですね。そもそも出会ったのもいつだか全然覚えてないんですよね。

本田 三軒茶屋(将棋倶楽部)で、小3と小2くらいの時? 私は親から「必ず棋士が教えているというので連れていった」と聞きました。

斎藤 僕はもともと千駄ヶ谷子供将棋クラブに通っていて。初段くらいまでいったんですけど、地元の神奈川県大会で「絶対コイツに負ける」みたいな子がいて「三軒茶屋に行ってる」と聞いたので、「じゃそこ行くか!」って。それがきっかけですね。

本田 師匠には最初6枚落ちで指してもらったんですけど、当たり前に負かされるんです。それで「悔しかったらもう1回来なさい」というような入りだったと記憶しています。特に「弟子にしてください!」みたいなこともなかったんです。奨励会に入ってからは人並みに苦労もありましたけど、師匠は要所で連絡をくれたり、でも深入りはしないというような、昔も今も良い距離感ですね。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 4105文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

斎藤明日斗
本田奎
宮田利男
渡辺明
永瀬拓矢
増田康宏
伊藤匠
藤井聡太
羽生善治

ゲームの前後の記事

ページトップ