Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[ハッシーの今]橋本崇載「根性なしへの挽歌」

posted2022/10/08 07:01

 
[ハッシーの今]橋本崇載「根性なしへの挽歌」<Number Web> photograph by Chihiro Kihara

text by

大川慎太郎

大川慎太郎Shintaro Okawa

PROFILE

photograph by

Chihiro Kihara

突然の引退から1年。若くして棋界を去った男は今、博多にいるという。確かな実力に加え、奇抜な出で立ちや歯に衣着せぬ物言いで人気を博した“ハッシー”は、長年交友のあった観戦記者に何を語ったのか――。

 遠目にも彼だとすぐにわかった。

 金髪とワインレッドのダブルのスーツが目に眩しい。平日の昼下がりの街中からは明らかに浮いた格好をした男は、顔を合わせると神妙さと照れが入り混じったような表情で、深々と頭を下げた。

「ご迷惑とご心配をおかけして、本当に申し訳ありませんでした」

 39歳の橋本崇載は、かつて順位戦A級に在籍した強豪棋士だった。派手なファッションや率直な言動で人気を博していたが、2021年4月に現役を退く。あまりに若すぎる引退の理由は、家庭内不和に端を発するトラブルだった。なにも棋士を辞めなくてもと思ったが、橋本は深く傷つき、激しく憤っていた。将棋は精根を尽くして眼前の相手を打ち負かすゲームである。それを戦うには、橋本はあまりに疲弊し、消耗しきっていた。

 SNSでの発信も次第に途切れ、消息不明の状態がしばらく続いていたが、今年7月に復活を宣言。8月からはYouTubeで「TAKANORIチャンネル」をキックオフした。メインチャンネルでは自分の好きなグルメ情報やお笑い、サブチャンネルでは将棋講座を主に発信している。

 私は将棋記者を始めた2006年から、橋本とは様々な仕事を共にした。橋本の対局を観戦したことは何度もあるし、講座の執筆を引き受けたこともある。競馬や競艇に出かけたし、酒席も共にした。YouTubeで笑顔の橋本を見て、まずは安心したが、同時に別の感情も膨らんでいった。橋本はいま何を考え、これから何をするつもりなのか。そして自ら幕を引いた20年間の棋士生活をどう捉えているのか――。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 5159文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

橋本崇載
藤井聡太
山崎隆之
松尾歩
阿久津主税
村山聖
羽生善治

ゲームの前後の記事

ページトップ