SCORE CARDBACK NUMBER

今夏の移籍金総額は新記録。英独占と周辺国の割り切り。

posted2022/09/13 07:00

 
今夏の移籍金総額は新記録。英独占と周辺国の割り切り。<Number Web> photograph by Getty Images

ユナイテッドはカゼミーロに続いてアントニーも獲得。各国リーグの才能が英クラブに買われる流れは加速する

text by

豊福晋

豊福晋Shin Toyofuku

PROFILE

photograph by

Getty Images

 スタジアムの外で突然大きな拍手が沸き起こり、何かと見てみたら青いサポーターの中でレアル・ソシエダのアペリバイ会長がもみくちゃにされていた。

「素晴らしいビジネスだった。次も頼んだぞ!」

 数日前、クラブはエースFWのイサクをニューカッスルに売却していた。自クラブでブレイクし愛された若手を手放したことで地元民はさぞやお怒りだろうと思っていたのだが、まるでそんなことはない。手を振って声援に応える会長の背中はまるでスター選手のよう。

 イサクの移籍金はクラブ史上最高額の7000万ユーロ(約96億円)に上る。嬉しそうにしていたサポーターに声をかけると「悲しくはない。うちのポケットには大金が入ってきたわけだ」。そこには郷愁のかけらもない。現代サッカー界の現実である。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 575文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

レアル・ソシエダ
ホアキン・アペリバイ
アレクサンダー・イサク
ニューカッスル
アントニー
カゼミーロ
リサンドロ・マルティネス
マンチェスター・ユナイテッド

海外サッカーの前後の記事

ページトップ