Number ExBACK NUMBER

片岡安祐美「ケツポケットに生理用品を…」甲子園を目指した“唯一の女子部員”が感じていた過酷さ「野球をやめると宣言したこともある」 

text by

小泉なつみ

小泉なつみNatsumi Koizumi

PROFILE

photograph byAsami Enomoto/球団提供

posted2022/09/17 11:02

片岡安祐美「ケツポケットに生理用品を…」甲子園を目指した“唯一の女子部員”が感じていた過酷さ「野球をやめると宣言したこともある」<Number Web> photograph by Asami Enomoto/球団提供

今年6月に出産、育児と並行しながら監督業も続けている片岡安祐美さん

男性社会の中で自分の身体をケアする難しさ

――高校時代は生理が止まったこともあったそうですね。やはり現場の監督やコーチにそういった相談は……

片岡 絶対言えないです。全員、男性でしたしね。母親にだけはすぐ話して婦人科に連れて行ってもらいましたが、高校生だったあのとき、それが将来の妊娠・出産につながっている感覚もなかったので、生理が止まったことへの危機感もまったくなかったです。

――ある意味、スポーツ選手としては生理がない方が楽?

片岡 私の場合、生理痛もなかったし、タンポンも使っていたので、そんなに負担には感じていませんでした。ただ、なかなか来なかったのは“ラッキー”と思っていました。そうしてケアを怠ったことが子どもをなかなか授からなかった原因なのかもわかりませんが、たとえ今また硬式野球部で80人の男子部員と一緒に練習することになったとしても、やっぱりなかなかケアはむずかしいと思います。

――生理がはじまってから、アスリートとしてのキレに変化があったとか、そういうことは感じましたか。

片岡 生理がきっかけなのかはわからないけれど、小学校のときはホームランを一番多く打っていましたが、中学に入ってからはぱったりホームランを打てなくなりました。足も野球部で3本の指に入る俊足だったので1番バッターでしたが、中学以降は男の子に勝てなくなり、遠投でも負けてしまう。すべてにおいて男子に勝てなくなりました。

「女の私が男と一緒に野球をやるにはどうすればいいか」

――体力・体格面ではっきりと差がつくなか、男性たちと野球を続けることは並大抵のことではなかったと思いますが。

片岡 最初こそ男子に負けないように筋肉をつけようと思っていましたが、そもそもの体のつくりが違う。「女の私が男と一緒に野球をやるにはどうすればいいか」。ずっとそれを考え続けていたとき、ちょうど中学に来ていた外部コーチの影響で野球の「知識」を勉強するようになったんです。

――身体を使った鍛錬だけでなく、分析的な視点で野球と向き合い出したと。

片岡 野球はホームランだけじゃない。力で男の子に勝てない自分は“考える野球”で勝負しよう、と切り替えたんです。中学のときの発想の転換がなければ、ガンガン打つだけの選手で、もう野球はやめていたかもしれません。今は、歳をとっても子どもができても、ずっと野球と携わっていける自信だけはありますし、一生離れないつもりです(笑)。

 ただ、女性である自分が野球をやる、という意味で折り合いがついたのは、茨城ゴールデンゴールズの監督になって数年経った30歳手前くらいで、私はずっと女の自分をこじらせていたんです。《つづく》

(撮影=榎本麻美)

#3に続く女子アスリート特集の裏で「なんか嫌だねって」“野球界のアイドル”と呼ばれた片岡安祐美(35歳)の本音「プレーを見てほしかった」

記事内で紹介できなかった写真が多数ございます。こちらよりぜひご覧ください。

関連記事

BACK 1 2 3
片岡安祐美
熊本商業高校
茨城ゴールデンゴールズ

プロ野球の前後の記事

ページトップ