村田諒太「王者の本棚」BACK NUMBER

『愛すること、生きること』あの戦いの前に繰り返し読んだ、愛の意味を教えてくれた一冊。 

text by

村田諒太

村田諒太Ryota Murata

PROFILE

photograph bySports Graphic Number

posted2022/09/04 07:00

『愛すること、生きること』あの戦いの前に繰り返し読んだ、愛の意味を教えてくれた一冊。<Number Web> photograph by Sports Graphic Number

『愛すること、生きること』M・スコット・ペック著 氏原寛・矢野隆子訳 創元社 1980円

 愛の定義って何だろう?

 その疑問を解決してくれたのが「ニューヨーク・タイムズ」のベストセラーリストに13年連続でランクインしたという精神科医M・スコット・ペックさんの『愛すること、生きること』です。

「愛とは、自分自身あるいは他者の精神的成長を培うために、自己を広げようとする意志である」

 なるほどと思いました。たとえば親が子供を危険だからと外に出さず、家に閉じ込めてしまうのは、愛と言えるのでしょうか。それは子の「必要としない慈しみ」であり、精神的な成長を促していないとなれば親のエゴになってしまいます。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 668文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

ゲンナジー・ゴロフキン

ボクシングの前後の記事

ページトップ