Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[独占告白]村田諒太「ゴロフキンとの闘いを超えて」

posted2022/06/18 07:03

 
[独占告白]村田諒太「ゴロフキンとの闘いを超えて」<Number Web> photograph by Kosuke Mae

text by

二宮寿朗

二宮寿朗Toshio Ninomiya

PROFILE

photograph by

Kosuke Mae

追い続け、ようやくたどり着いた名王者との対戦。敗れはしたものの、被弾を恐れず前進し続ける姿に、約1万5000人の観客は喝采を惜しまなかった。そんな名勝負を作り上げた勇者が激闘を振り返る。

 メシを食う気がしないんですよね。

 村田諒太は苦笑いを交えて、つぶやくようにして言った。

「筋肉を回復させるために食べるとか、明日の練習内容に合わせてこういう食事にしようとか、ボクシングをやり始めて20年くらい、味を楽しむための食事ではなかった。今、体をつくるわけでも、明日(体を)動かすわけでもないから、食事に対する興味がなくなっているんですよ」

 日本ボクシング史上最大のメガマッチとなったゲンナジー・ゴロフキンとのWBA、IBF世界ミドル級王座統一戦から、はや1カ月半が過ぎた。激戦を物語っていた顔の傷跡はすっかり消えていた。

 百戦錬磨の英雄を執拗なボディー打ちで追い込みながらも、中盤から挽回されて最後はカウンターの前に沈んだ。

 プロ初のTKO負け。とはいえあれだけのド突き合いを見せたのだ。“祭りのあと”は心から解放された彼が待っていると勝手に思い込んでいた。

 むしろ、逆だった。燃え尽き症候群の類ではない。ゴロフキン戦に臨むための自分と向き合う作業は、いまだ終わっていないように見えた。現役を続けるか、引退するかの結論は出ていない。迷っているのではなく、答えが湧き上がってくるのを待つ時間のなかにいる。解放感なく続く己との戦いが、食事から味気をなくしているのだと思えてならなかった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 4939文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

村田諒太
ゲンナジー・ゴロフキン
本田明彦

ボクシングの前後の記事

ページトップ