Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[強さの先に見えたもの]青木真也「格闘技は芸事だ」

posted2022/08/26 07:02

 
[強さの先に見えたもの]青木真也「格闘技は芸事だ」<Number Web> photograph by Yasuhiro Shimoka

text by

橋本宗洋

橋本宗洋Norihiro Hashimoto

PROFILE

photograph by

Yasuhiro Shimoka

試合では変幻自在の寝技師、マットを離れれば筆を執り、忖度抜きで業界にメスを入れる。誰よりも競技を愛し、突き詰めた男がたどり着いた“シン・格闘論”に刮目せよ。

「他にメインの記事があって、僕はスパイス的な扱いなわけですよね?(笑)」

 取材の冒頭、青木真也は自ら語り始めた。申し訳ないがその通り。しかし青木というスパイスはかなり刺激が強い。試合前後のコメントやSNS、頻繁に更新されるnoteの有料記事に遠慮や忖度はゼロ。だから話題になり波紋を呼び、反発もされる。

「僕の経験と物差しを基準に言ってるだけ。それでここまで生きてるんで。(主戦場だった)DREAMを離れた時にある人から『道を歩けないようにしてやる』と言われたけど、堂々と歩けてるでしょ」

 早稲田大学柔道部出身。在学中に修斗の世界王者となり、卒業後は静岡県警へ。短期間で退職するとPRIDE出場でメジャーな存在となった。武器は独創的なグラウンドテクニックだ。後継団体DREAMではエース格。2010年に米メジャー団体『ストライクフォース』のライト級タイトルに挑戦するなど世界のトップに迫った。'12年からはアジア最大級のイベントONEチャンピオンシップと契約し、アジアのMMAを開拓。一方でアントニオ猪木率いるIGFに参戦しプロレスラーとも交わった。近年はDDTでエンタメ系プロレスも。最前線、かつ独自で異端の生き方だ。

 その生き方、考え方は、那須川天心vs.武尊をメインとする『THE MATCH 2022』を語る際にも顕著に出る。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 3981文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

青木真也
那須川天心
武尊
秋山成勲

格闘技の前後の記事

ページトップ