Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[武者修行ファイターの証言]日本人がアメリカで勝つために

posted2022/08/26 07:01

 
[武者修行ファイターの証言]日本人がアメリカで勝つために<Number Web> photograph by Manabu Takashima

5番街のアルティメット・ジムへ。平田樹はNYCの空気にすっかり馴染んでいた

text by

高島学

高島学Manabu Takashima

PROFILE

photograph by

Manabu Takashima

PRIDE時代、日本は総合格闘技の最先端を走っていた。だが今や世界の頂は米国に移り、栄光は過去のものに。そんな中、最強を目指して海を渡った者たちがいる。彼らがMMAの聖地で見た現実と、世界との距離とは――。アメリカ各地で切磋琢磨する邦人格闘家たちの声を拾った。

 ある意味、日本は格闘技大国だ。首都圏では毎週のようにキックボクシングやMMAのプロ興行が行われている。だから、この国で格闘技にかかわっている人間は相当に幸福度が高いはずである。

 しかし日本の格闘技界に、プロ格闘家が最強を目指すという本来は欠かすことができないパズルのピースを加えると、幸福度は一気に降下する。そこには世界最強というキーワードが見つけられないからだ。

 キックボクサーはそれでも構わないだろう。キックは純然たる世界一が、存在しないスポーツなので、最高の舞台を日本で踏むことができる。だがMMAファイターはそうはいかない。MMAにはUFCという誰もが認める世界の最高峰が存在する。海外に頂点があるのがMMAだ。

 頂=UFCに続くベラトール、そしてPFL(プロフェッショナル・ファイターズ・リーグ)というメジャーリーグが存在し、そこに至るまでの登竜門的フィーダーショーや草の根イベントが群雄割拠状態のヒエラルキーのなかで、アジアにもシンガポールを拠点としたONEチャンピオンシップが根付いた。

 日本ではエンタメと融合し、独特な格闘技文化を形成するなか、これら世界のビッグプロモーションはあくまで格闘技そのものをエンターテイメントに昇華させている。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 4340文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

佐藤天
魅津希
村田夏南子
平良達郎
平田樹
田上こゆる
北野一声
堀口恭司
田中路教
河名マスト

格闘技の前後の記事

ページトップ