Number Web MoreBACK NUMBER

東北勢初の甲子園制覇! 昨年は県4回戦負け、仙台育英はなぜ“日本一”になれたのか? 1年前の須江監督「僕らはきっと強くなります」 

text by

高木遊

高木遊Yu Takagi

PROFILE

photograph bySankei Shimbun

posted2022/08/22 20:00

東北勢初の甲子園制覇! 昨年は県4回戦負け、仙台育英はなぜ“日本一”になれたのか? 1年前の須江監督「僕らはきっと強くなります」<Number Web> photograph by Sankei Shimbun

東北勢悲願の甲子園制覇を成し遂げた宮城・仙台育英高校

 大会後、3年生たちは後輩たちの指導役を務めていた。取材日の練習試合でも小まめにアドバイスを送る姿はあちこちで見かけた。夢破れた3年生にとっても、この敗戦は成長の大きな糧になると須江は信じている。

「到達しようとしていた未来とは全然違う場所に来ちゃいました。ただバッドエンドかどうかは分かりませんよ」

 ニヤッと笑った。須江の目線の先には、3年生たちが後輩の居残り練習でノックを打っている。仙台育英の野球部に「引退」という言葉はない。卒業後に野球を続ける選手の進路は全員決まっており、一度帰省はするものの、新学期が始まれば次のステージに向けて練習に励む日々が始まる。

「上手くいかなかったプレーに対する改善策について、“教育”を混ぜたら言い訳になって競技者としての成長につながらない」。須江はそう考えているからこそ、仙台商戦で敗戦投手となった伊藤に「頑張ったねというのは現役引退する時に言うよ。なぜ17日に合わせろと言われて、これくらいのパフォーマンスしか出せなかったのか」と配球やコンディショニングなど“野球”の中での改善点を細かく1つずつ伝えたという。

 選手の能力を数値化し、「日本一の競争」と誇れるシステムを作って成長を促した。結果を出すために最大限の努力をしてきた。だから、仙台育英に残る者たち、仙台育英から巣立つ者たちには大きな伸びしろがある。そう思える誇りや自信は、きっと慢心ではないだろう。

記事内で紹介できなかった写真が多数ございます。こちらよりぜひご覧ください。

この記事の全文は「Number PREMIER」でお読みいただけます。
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
甦る死闘。 True Stories of 2023. - Number1086号 <表紙> 大谷翔平

Sports Graphic Number 1086
甦る死闘。
True Stories of 2023.

2023年12月7日発売
800円(税込)

Amazonで購入する

関連記事

BACK 1 2 3 4
仙台育英高校
須江航
島貫丞
伊藤樹
吉野蓮
岩崎生弥
仙台商業高校

高校野球の前後の記事

ページトップ