格闘技PRESSBACK NUMBER

三浦孝太20歳「父のようなスターに」RIZIN2戦目に臨むダイヤの原石を育てた“三浦カズ&りさ子の教え”「家のボスはお母さん(笑)」 

text by

布施鋼治

布施鋼治Koji Fuse

PROFILE

photograph byRIZIN FF Susumu Nagao

posted2022/07/30 17:03

三浦孝太20歳「父のようなスターに」RIZIN2戦目に臨むダイヤの原石を育てた“三浦カズ&りさ子の教え”「家のボスはお母さん(笑)」<Number Web> photograph by RIZIN FF Susumu Nagao

2021年大晦日の『RIZIN.33』で鮮烈なデビューを飾った三浦孝太。「父のようなスターになりたい」という夢を叶えるため、試金石となる一戦に臨む

「遠慮していたらチャンスなんて永遠に来ない」

 宮田代表やボクシングを指導する元OPBFスーパーバンタム級王者の葛西裕一トレーナーは、ファイターとしての三浦のポテンシャルを絶賛する。さらに宮田代表は三浦を別の面からも「プロ向き」だと評する。

「人前で喋ったりすることも、結構普通にこなせるじゃないですか。たぶん大舞台には強いタイプ。テレビが密着していても、ああいう勝ち方ができた(YUSHIとのデビュー戦はサッカーボールキックによる1ラウンドTKO勝ち)。レベルはともかく、試合後のマイクも良かった。そういうところはカズさんやお母さんの血を継いでいるのかなと思います。僕なんてMMAでのプロデビュー戦のときには緊張して熱が出たんですけどね(苦笑)。彼の場合は緊張しなさすぎて、デビュー戦の前にも携帯でLINEとかを普通に返していましたよ」

 一言で表現すれば、強心臓ということか。ただ、現在はあくまでダイヤモンドの原石であって、これからキャリアを積みながらどんどん磨いていかなければならない。

 公開練習後の会見で三浦は「ファイターとして、ちゃんと人に認められるのは数年先」と長期的な展望を立てていることを示唆した。ただ、その一方で「チャンスはいつ来るかわからない」とも感じている。

「具体的な計画があるわけではないし、(自分の実力について)勘違いもしていませんが、常に最高の準備をしておけば、いつかそういうチャンスは必ず来る。あとはそのタイミングを逃さないことが重要なのかな、と。遠慮して『まだ、いいや』なんて思っていたらチャンスは永遠に来ない。時間もキャリアも関係なしにチャンスを掴んでいける人が、最終的にスターになれるんだと思っています」

 デビュー2戦目で、スター候補生は何を掴むのか。

※公開計量後の7月30日20時ごろ、三浦孝太が発熱および喉の痛みなどの症状を訴え、検査の結果、新型コロナウイルスの陽性判定を受けた。同23時、『RIZIN.37』で予定されていたフェリペ“キングハンター”マソーニとの試合が中止となったことがRIZINより発表された。

記事内で紹介できなかった写真が多数ございます。こちらよりぜひご覧ください。

関連記事

BACK 1 2 3 4
三浦孝太
三浦知良
三浦りさ子
宮田和幸

格闘技の前後の記事

ページトップ