SCORE CARDBACK NUMBER

ついに連勝ストップも、揺るぎなき新戦術の新女王。

posted2022/07/24 07:00

 
ついに連勝ストップも、揺るぎなき新戦術の新女王。<Number Web> photograph by Hiromasa Mano

2月のカタールから続いた連勝記録がストップ。だが、この21歳が頭一つ抜けた存在であることに変わりはない

text by

秋山英宏

秋山英宏Hidehiro Akiyama

PROFILE

photograph by

Hiromasa Mano

 世界ランク1位のイガ・シフィオンテクはウィンブルドン3回戦で37位のアリーゼ・コルネに敗れ、2月からの連勝が37で止まった。'90年以降で最長のマルチナ・ヒンギスの記録に並んでいたが、抜き去ることはできなかった。

「芝は厄介。他のサーフェスほど効率よくプレーできていない」と苦戦が続いた。「いろいろ試したけど、うまくいかなかった。練習でも見つけられないのに、試合で見つけられるわけがない」と早すぎる敗退を受け入れた。

 連勝の重圧から解放されたのか、どこかホッとしているようにも見えた。アシュリー・バーティが世界ランク1位のまま引退したことで、4月に1位に浮上。女王候補から女子テニスを代表する地位に押し上げられた。重圧を背負いながら、全仏で2度目の優勝。WTAツアー公式サイトに載ったインタビューでは〈タイトル獲得で最も難しかったのは〉の問いに、こう答えている。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 538文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

イガ・シフィオンテク

テニスの前後の記事

ページトップ