SCORE CARDBACK NUMBER

絶頂期の引退にも疑問なし。25歳女王が示した価値観とは。

posted2022/04/23 07:00

 
絶頂期の引退にも疑問なし。25歳女王が示した価値観とは。<Number Web> photograph by Getty Images

爽やかな笑顔で引退会見に臨んだバーティ。全豪オープンを制したばかりの世界ランク1位がラケットを置いた

text by

秋山英宏

秋山英宏Hidehiro Akiyama

PROFILE

photograph by

Getty Images

 アシュリー・バーティが世界ランク1位のまま現役を引退した。「私にはもう、自分に挑戦するための肉体的な原動力も欲求もありません。できる限りのことをやってきたし、本当に満足しています。それが私にとっての成功なのです」とSNSで引退を表明。今後は「ほかの夢を追いかけたい」と言う。

 '19年に1位の座につき、今年は地元の全豪で初優勝した。バックハンド・スライスで緩急をつけたストロークと、卓越したゲームマネジメント能力で女子テニスに君臨、多くの選手の目標となった。

 躍動感のあるプレーが見られなくなったのは寂しいが、その引退宣言は示唆に富むものだった。ほかの夢を追う、というのがいい。「テニスは私の人生で常に重要な位置を占めています。でも今は、アスリートとして求めるものではなく、人が求めるものとして、人生の次の段階を楽しむことが重要だと思っています」というのだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 543文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

アシュリー・バーティ

テニスの前後の記事

ページトップ