SCORE CARDBACK NUMBER

巨人クローザー・大勢(23)と桑田真澄コーチの約束「まだ試合でスライダーを投げるのは早いからな」…理想と語った“意外な投手”の名前

posted2022/07/23 06:00

 
巨人クローザー・大勢(23)と桑田真澄コーチの約束「まだ試合でスライダーを投げるのは早いからな」…理想と語った“意外な投手”の名前<Number Web> photograph by Nanae Suzuki

西脇工高、関西国際大を経て'22年、ドラフト1位で巨人入団。今季最速は4月28日DeNA戦で記録した159km

text by

石田雄太

石田雄太Yuta Ishida

PROFILE

photograph by

Nanae Suzuki

 キャッチボールのラスト5球はスライダーを投げる。それがジャイアンツのクローザーを務める大勢と桑田真澄コーチとの約束だ。

「桑田さんは『まだ試合でスライダーを投げるのは早いからな、取っておけよ』と言うんですけど、サインが出たら投げざるを得ません(笑)」

 ルーキーとして史上最速となるチーム60試合での20セーブを挙げた大勢の武器は、150km台のホップするかのようなキレのあるストレートとフォークボールだ。スライダーはほとんどがカウント球で、その割合は5%にも満たなかった。それでも、シーズン後半を見据えて強かに隠し持った武器を磨いてきたその成果は、30試合目の登板となる7月3日のカープ戦で窺えた。2点リードの9回ツーアウトで迎えた菊池涼介に対し、大勢は今シーズン初めて、ツーストライクからの決め球にスライダーを投じたのである。

「正直、自信のあるボールではないんですけど、スライダーも使えるボールだと思っていますし、もっと改善する余地がある。この先、まっすぐがしんどくなるときもあるでしょうし、そういうときに投げられたら自分を助けるボールになってくれるんじゃないかと思っています」

「江川卓さんみたいに…」

 その7月3日までに大勢が対峙した30人の先頭バッターのうち、2球投げてストライクを取れなかったのは2人だけ。常にストライク先行で勝負する技術と勇気は、大勢のピッチングに安定感をもたらしている。

「ストライクゾーンで勝負できているのは、それだけの球を投げる取り組みをしてきているからです。理想は力感なく160kmを投げること。力に頼るんじゃなく、技で投げて160kmを出したい。クローザーは力んでしまう状況が多いポジションだからこそ、普段、意識して鍛えていることをうまくフォームに落とし込んで、技で投げたい。そうするとバッターの反応がワンテンポ遅れて、差し込まれる感じがあるんです」

 落とし込めたときのフォームはどんなものなのかを訊くと、「あんまり言いたくない」と笑って誤魔化されてしまったのだが、ヒントだけと食い下がると、1999年生まれの大勢からまさかの名前が飛び出した。

「江川卓さんみたいに、引いて、押して、引く……そんなイメージのフォームで投げたいと思っています」

伝説継承。プロレス50年を背負った男たち

「Amazon」で購入

Sports Graphic Number 1055

伝説継承。プロレス50年を背負った男たち

新日本&全日本プロレス旗揚げ50周年記念! 夢の誌上オールスター戦

【特別メッセージ】
アントニオ猪木「闘魂の50年」

【ビッグ対談9番勝負!】
オカダ・カズチカ×坂口征二
武藤敬司×髙田延彦
棚橋弘至×藤波辰爾
内藤哲也×蝶野正洋
髙山善廣×中邑真輔
初代タイガーマスク×鈴木みのる ほか

【伝説を語る】
長州力
馬場&鶴田

定価:本体700円(税込)目次ページへ

関連記事

翁田大勢
大勢
読売ジャイアンツ
桑田真澄

プロ野球の前後の記事

ページトップ