新刊ドラフト会議BACK NUMBER

『日本野球はいつも水島新司マンガが予言していた!』現実が後から追いついた大作と野球の面白さを確認できる一冊。 

text by

松尾奈々絵(マンガナイト)

松尾奈々絵(マンガナイト)Nanae Matsuo

PROFILE

photograph bySports Graphic Number

posted2022/07/09 07:00

『日本野球はいつも水島新司マンガが予言していた!』現実が後から追いついた大作と野球の面白さを確認できる一冊。<Number Web> photograph by Sports Graphic Number

『日本野球はいつも水島新司マンガが予言していた!』オグマナオト著 ごま書房新社 1500円

 現実が漫画に追いついた。それは1992年、夏の甲子園2回戦で起きた松井秀喜に対しての5打席連続敬遠。その15年も前に、同じく5打席連続敬遠されていたのが『ドカベン』の山田太郎だ。

 このような高校野球やプロ野球で「現実には起こらないだろう」と思われていながら実現した出来事が、実は『ドカベン』や『あぶさん』など、水島新司作品では既に描かれたものだったと紹介しているのが本書である。

 よくぞここまで集まったと思うほど、1970年から現在まで、水島作品と日本野球の出来事を比較した、多くの予言やシンクロが取り上げられている。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 718文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

水島新司

プロ野球の前後の記事

ページトップ