珠玉の1敗BACK NUMBER

富樫勇樹――ファイナルで負けて決めたアメリカ再挑戦。

posted2022/06/14 07:00

 
富樫勇樹――ファイナルで負けて決めたアメリカ再挑戦。<Number Web> photograph by AFLO

'14年、琉球とのファイナル。体格差を物ともせず突破を試みる

text by

二宮寿朗

二宮寿朗Toshio Ninomiya

PROFILE

photograph by

AFLO

第一線で活躍するアスリートは、敗戦から何を学ぶのか――。日本バスケ界最高のポイントガードが転機として挙げたのはプロとして初めて経験する、日本一を懸けた大一番だった。

【Defeated Game】
2014年5月25日 bjリーグ プレイオフ ファイナル
琉球ゴールデンキングス 103-89 秋田ノーザンハピネッツ

   ◇

 日本人初の1億円Bリーガー、富樫勇樹がまだトッププレーヤーに駆け上がる前のこと。彼が「珠玉の1敗」に挙げたのは、“富樫の日”になるとも思われた秋田ノーザンハピネッツ時代の2013-'14年シーズン、琉球ゴールデンキングスとのbjリーグプレイオフファイナル(5月25日、東京・有明コロシアム)であった。

 アメリカ留学から帰国した前年度は、シーズン途中加入ながら新人賞を獲得。飛躍を期したプロ2年目、20歳の超攻撃PGはチームの主軸となってフル回転で働き、プレイオフでもイースタン・カンファレンスファイナルを制し、琉球との大一番に臨もうとしていた。

「プロになって初めての大舞台でした。当時はbjとNBLにリーグが分かれていて、NBLの選手まで有明のbjファイナルは凄く雰囲気がいいと言っていたようで、1万人が集まったあのコートに初めて立てて、とてもうれしかった記憶がありますね」

 異様な熱気に包まれた会場は、試合開始早々から沸騰する。

 琉球のPG、岸本隆一が3ポイントシュートを決めると、すぐさま富樫が3点を取り返して応戦する。相手がつかもうとした最初の流れを逆に吸い取り、ドリブルで抜き去ってシュートを決めるなど、キレッキレのパフォーマンスを見せていく。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 3113文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

富樫勇樹
秋田ノーザンハピネッツ
琉球ゴールデンキングス
岸本隆一
並里成
千葉ジェッツ

バスケットボールの前後の記事

ページトップ