Number ExBACK NUMBER

《水島マンガの野球予言》甲子園5打席連続敬遠は星稜・松井秀喜より15年前に明訓・山田太郎が経験、しかも勝っていた! 

text by

オグマナオト

オグマナオトNaoto Oguma

PROFILE

photograph byKYODO

posted2022/06/10 06:00

《水島マンガの野球予言》甲子園5打席連続敬遠は星稜・松井秀喜より15年前に明訓・山田太郎が経験、しかも勝っていた!<Number Web> photograph by KYODO

1992年8月16日、夏の甲子園大会2回戦の明徳義塾戦で、5打席連続敬遠を受けた星稜時代の松井秀喜

  また、松井の場面では、明徳義塾に対して「帰れ」コールが沸き起こったことが問題となったのだが、山田のシーンでも「栃木に帰れ」と観客席から声が飛んでいるのが読み取れる。極限状態になったとき、アナウンサーは、そして観客はどんな反応をするのか、ということまで予言しているのだ。

 この5打席敬遠について、のちに松井自身が『ドカベン』文庫版6巻で解説している。

 甲子園大会ではやはり“5打席連続敬遠”(1992年夏、対明徳義塾戦)が一番の思い出かな。僕は、一度は勝負があると思ったんですけどねぇ。「ドカベン」の中では、山田太郎が5打席連続敬遠されながら、明訓は勝ったんですよね。でも、僕たちは負けましたから…。

 一方、水島新司も、のちに松井との対談企画でこの「5打席連続敬遠」をなぜ描いたのか、そして松井の場面はどう見たのかを、『週刊ベースボール』1994年1月3日・10日号の記事で次のように振り返っている。

 山田太郎の5打席連続敬遠を描いた。それも、ランナーがいなくても、どんな条件でも敬遠。絶対にありえないと思ってることだから描くの。夢の世界だから。それを現実に相手にやらせた選手が現れるなんて想像できなかった。(中略)弟子たちに『ドカベン』の5打席連続敬遠のところを持ってこさせて、テレビにかじりついてた。相手のピッチャー、相手の監督を本当に応援したよ。頼むから続けてくれ、ここまで来たらやってくれ、とね。

 別のラジオ番組でも、「山田太郎を打ち取るにはどうすればいいのか? 監督の立場になったら全部敬遠しかない。その同じことを馬淵監督はやったわけです。あれで馬淵さん、好きになりましたね」とコメント。水島はあの試合を、明徳義塾・馬淵監督目線で見ていたというのがなんともおかしい。こうして、「マンガじゃあるまいし」と言われそうなシーンが現実のものとなったのだ。

 最後に余談。松井は自分自身のプレーを『ドカベン』にたとえて表現したことがある。2002年の巨人対ヤクルト戦で、松井が放ったライナー性の低い打球はセカンドの頭上を通過。ここから打球はグングン伸びて、右中間スタンド最前列に突き刺さるホームランとなった。このとき、チームメイトの仁志敏久が冗談めかして「セカンドがジャンプしていたよ」と松井に伝えると、松井自身はこう切り返したという。

「そんなわけないじゃん。ドカベンじゃあるまいし」

『日本野球はいつも水島新司マンガが予言していた!』(ごま書房新社) (書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします)『日本野球はいつも水島新司マンガが予言していた!』(ごま書房新社) (書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします)
#2に続く《水島マンガの野球予言》レーザービームと忍者野球…新天地を驚愕させたイチローと真田一球のスーパープレーの功績とは?

関連記事

BACK 1 2 3
水島新司
松井秀喜
ドカベン
山田太郎

プロ野球の前後の記事

ページトップ