SCORE CARDBACK NUMBER

WNBAデビューも「課題が残った」。町田瑠唯、世界最高峰への挑戦。

posted2022/05/23 07:00

 
WNBAデビューも「課題が残った」。町田瑠唯、世界最高峰への挑戦。<Number Web> photograph by Yukihito Taguchi

開幕ロスター入りを勝ち取った町田は、萩原美樹子、大神雄子、渡嘉敷来夢に続き日本人4人目のWNBA選手に

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

photograph by

Yukihito Taguchi

「ルイ!」

 試合開始から間もなくコーチに名前を呼ばれた町田瑠唯は、白のワシントン・ミスティックスのユニフォーム姿でWNBAのコートに足を踏み入れた。現地時間5月6日、WNBA開幕戦のミスティックス対インディアナ・フィーバー、第1クォーター残り4分36秒。WNBA公式戦に出場した日本人選手4人目として、町田の名前が歴史に刻まれた瞬間だった。

 世界最高峰のWNBAは各チーム11~12人の12チームからなる少数精鋭のリーグ。そこに入るということは、世界のトップ選手として認められたことを意味する。

 もっとも、町田自身はそんな感慨を覚える余裕もなかったという。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 604文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

町田瑠唯
ワシントン・ミスティックス

バスケットボールの前後の記事

ページトップ