SCORE CARDBACK NUMBER

昨季ファイナリストがプレイオフ敗退。後悔は山ほどあれど。

posted2022/06/05 07:00

 
昨季ファイナリストがプレイオフ敗退。後悔は山ほどあれど。<Number Web> photograph by Getty Images

セルティックスとの東地区準決勝第7戦で敗戦後、アデトクンボは「言い訳はしない」と繰り返し、前を向いた

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

photograph by

Getty Images

 昨季のNBAファイナルを戦った2チームが、カンファレンス準決勝で姿を消した。昨季のチャンピオンで連覇を狙っていたミルウォーキー・バックスも、そのバックスに敗れて今季こそと意気込んでいたフェニックス・サンズも、それぞれ、勝てばカンファレンス決勝進出となるシリーズ第7戦の大一番に勝てず、早々にシーズン終焉を迎えた。

 優勝を目指していたチームの敗退には、いつでも後悔がつきものだ。

「2時間、時計を巻き戻したいという思いでいっぱいだ」と言ったのはサンズのフォワード、キャメロン・ジョンソン。ホームコートで大差をつけられて完敗した試合は、後悔だらけだった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 608文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

ミルウォーキー・バックス
フェニックス・サンズ
キャメロン・ジョンソン
モンティ・ウィリアムズ
ウェスリー・マシューズ
パット・カナトン
ヤニス・アデトクンボ

バスケットボールの前後の記事

ページトップ