SCORE CARDBACK NUMBER

出場なくともチームに“魂の鼓舞”。J2群馬・山田晃士が熱すぎる。

posted2022/05/14 07:00

 
出場なくともチームに“魂の鼓舞”。J2群馬・山田晃士が熱すぎる。<Number Web> photograph by THESPA

加入1年目からチームにゲキを飛ばす山田。高校時代は浦和レッズユースに所属、早大4年時は副将を務めていた

text by

二宮寿朗

二宮寿朗Toshio Ninomiya

PROFILE

photograph by

THESPA

 ウワサ以上に熱い。松岡修造か、はたまた松田宣浩か。同じ、いやそれ以上かもしれない。

 J2ザスパクサツ群馬に所属する早大卒2年目のGK山田晃士にひょんなことから注目が集まった。4月16日のFC琉球戦。開始8分にチームが先制点を挙げると、タッチライン際で指示を送る大槻毅監督の後方でベンチから立ち上がってチームメイトに向けて声を張り上げる姿があった。偶然2人とも同じポーズだったため、ベテランの渡辺広大が画像を貼り付けて「指揮官はどっち?」とSNSに投稿したところ反響が広がったというわけだ。

「ゴールの後だから特に気を引き締めていこう、とか、まだ10分も経ってないぞ、みたいな声だったとは思います。試合には出ていませんが、当事者としてチームのためにできることをやっているという感覚です」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 549文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

ザスパクサツ群馬
山田晃士
大槻毅

Jリーグの前後の記事

ページトップ