Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[舵取り役の決意]遠藤航「デュエル王が示す大国撃破の羅針盤」

posted2022/05/07 07:03

 
[舵取り役の決意]遠藤航「デュエル王が示す大国撃破の羅針盤」<Number Web> photograph by Tsutomu Takasu

text by

戸塚啓

戸塚啓Kei Totsuka

PROFILE

photograph by

Tsutomu Takasu

前回W杯で出場0分の悔しさを味わった男は、欧州の地で大きく成長した。その頭には強国攻略のイメージがあり、その心はリベンジに燃えている。今冬のカタールW杯へ向け恐れは一切ない。本気で歴史を塗り替える覚悟だ。

 これぞ天祐と言っていいだろう。来るべきカタールW杯のグループステージに、遠藤航は胸を高鳴らせる。

「まずはメンバーに選ばれることが大前提として、せっかくW杯に出るのだから、強豪国と対戦したいと思っていました。組み合わせ抽選会をライブで観ていて、スペインとドイツのグループに入りたいと思っていたので、嬉しかったというか、モチベーションが上がったというか、これがW杯だよなあと。ブンデスリーガで戦っている自分がドイツと初戦で対戦できることに、何か不思議な縁を感じますね」

 シュツットガルトで3シーズン目を過ごす遠藤は、ドイツ代表選手と何度も対戦している。「代表の試合をそんなに多く見ているわけではないですけれど」と断りを入れるものの、淀みなく印象を語っていく。

「ブンデスリーガの高いインテンシティが代表に持ち込まれていて、それにプラスしてクレバーさとかしたたかさを感じます。勝負どころを見極める力もある。代表選手の多いバイエルンもそうですけど、ここだと思うところで、しっかりパワーをかけてカウンターで点を取ったりする。基本的にボールを持てるチームですけど、劣勢の展開でも一発で仕留めて結果を出すことができるチームかな、と思います」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 3809文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

遠藤航
シュツットガルト
カタールW杯
ワールドカップ
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ