将棋PRESSBACK NUMBER

「藤井殿…に、人間将棋は初めてではないのか?」 棋士が驚き、ファンが喜ぶ“藤井聡太竜王のスター性”を観る将マンガ家が間近で見た 

text by

千田純生

千田純生JUNSEI CHIDA

PROFILE

photograph byJunsei Chida

posted2022/04/25 17:02

「藤井殿…に、人間将棋は初めてではないのか?」 棋士が驚き、ファンが喜ぶ“藤井聡太竜王のスター性”を観る将マンガ家が間近で見た<Number Web> photograph by Junsei Chida

人間将棋でも大活躍、そして大人気だった藤井聡太竜王

「藤井殿……に、人間将棋は初めてではないのか、これ? 受けて立とう!」

 そりゃ、こんな感じで佐々木六段殿も驚くわけですよ。

「藤井殿、不動駒を取っていただき、かたじけない!」

 ほどなく対局はスタート。面白いのは一手ごとに2人が狙いを観客に伝えていく点でした。

「相掛かりで進めるでござる」
「ここは攻めようではないか」

 こんな感じで、初心者でも分かりやすい説明で対局が進んでいきました(解説の木村九段は「私がしゃべること、意外となくなるんですよねー」とネタにしていました)。

 なお対局場には戦場さながらの“かがり火”があったんですが――解説の大盤に近いこともあり、聞き手の竹部女流四段が「か、風向きによっては熱いんです」と言っていました(笑)。

 対局はどうやら藤井竜王のやや優勢で進んでいった模様です。対局者が少しでも考えると木村九段が「10秒~~」と秒読みして、テンポアップしていたのも見逃せませんでした。

 その一方で、中終盤になると「全ての駒を1回は動かさないといけない」ルールで2人が頭を悩ませる場面も。

「まだ動いていない駒が、3つほどあるでござる!」
「藤井殿、不動駒を取っていただき……かたじけない!」

 普段の対局では絶対に見られない流れ、最高にホッコリしました。

深々とお礼をしたら、鞘から刀が!

 感染防止対策を取りながらも武者駒の人々がスポーツのように動き回った対局は、藤井竜王が鮮やかに寄せ切って勝利しました。

 武者駒が全て動いたことに観客からは盛大な拍手、そして勝利した陣営は威勢よく勝ちどきを上げる――んですが、前編で少し触れた通り、藤井竜王は物見やぐらからハシゴで降りる必要があります。黒子役の忍者さんが必死にサポートしてましたが、「エイエイオー!」の声に少し間に合わず、ちょっと遅れての参加になってました。それに加えて藤井竜王らしい、深々としたお礼によって、刀が鞘から抜けかかる一幕も。こちらも忍者さん、超焦っていました(笑)。

 囲み取材を経て最後は4人と駒役で参加した人たちが集って記念撮影。棋士の方々とともに、武者駒役の人たちがスマホで楽しそうに記念撮影していたのが印象的でした。「なんか学校の文化祭を思い出すなあ」と、さらに和やかな気持ちになって会場を後にしました。

【次ページ】 藤井竜王たちを見送ろうと多くのファンが駅前で

BACK 1 2 3 4 NEXT
藤井聡太
佐々木大地
木村一基
竹部さゆり
上田初美

ゲームの前後の記事

ページトップ