SCORE CARDBACK NUMBER

「死の組」突破へ戦略はあるか。別格にひれ伏す前にできること。

posted2022/04/20 07:00

 
「死の組」突破へ戦略はあるか。別格にひれ伏す前にできること。<Number Web> photograph by KYODO

'93年のW杯アジア最終予選で「ドーハの悲劇」を味わった指揮官は「“ドーハの歓喜”に変えたい」と意気込む

text by

北條聡

北條聡Satoshi Hojo

PROFILE

photograph by

KYODO

 まさに前門の虎、後門の狼――。この冬に中東のカタールで開催されるW杯のことだ。先頃の抽選会でグループステージの組み合わせが決まり、E組の日本は初戦でドイツ、第3戦でスペインと相まみえることになった。

 無論、第2戦の相手(コスタリカとニュージーランドの大陸間プレーオフの勝者)も侮りがたい。ただ、ドイツとスペインはやはり別格だ。何しろ世界に8つしかない歴代W杯王者の一角である。

 本大会で“ビッグ8”との対戦はたったの2回。'98年フランス大会のアルゼンチンと、'06年ドイツ大会のブラジルだ。いずれも日本が敗れ、グループステージで姿を消した。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 621文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

森保一
カタールW杯
ワールドカップ

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ